TOXGOとBLANKMAGがセレクトした台北ストリートブランドにフォーカスしたPOP UPが今週末に開催

アーティストやDJなどが頻繁に行き来するようになった東アジアの中でも、注目されている台湾の台北にフォーカスしたPOP UP『新赤酷邊緣』(シンーチービェンーユェンークー)が原宿のショップTOXGOで開催される。

情報更新 2018/6/7 11:00 

POP UPで販売されるChina TrackSuitのLOOK画像が公開された。写真はUPPERLAKE MOBなどで活動するShinknownsuke、モデルはUcary_valentineが登場している。

78520014

78540011

78520001

78530002

78530015

78520019

元記事は以下。

このPOP UPでは実態も謎のままアート、ファッションシーンを中心にカルト的な人気を誇るカルチャーレーベルBLANKMAGが、セレクトした台北ストリートブランドが登場。

登場するのは台北のストリートシーンを牽引するLAB TAIPEIのオーナー、Knox がデザインとディレクションを行うDeMarcoLabと、台北をベースとするディレクターBinとグラフィックデザイナーRinによるクリエイティブチーム遠東運行、シーンのキーパーソンTrixが仲間と運営するWAITING ROOMだ。

販売されるのはPOP UPのために制作されたChina TrackSuitや、話題の小籠包T シャツ等を先行販売する。また BLANKMAGがディレクションした、最新の台北ス トリートシーンを凝縮したような空白雑誌書店も出現する。

tracksuits_1
China TrackSuit : ジャケット20000円、パンツ15000円+tax
fesw_1
Tシャツ 各5500円+tax

wr_1

Info

unnamed

TOXGO Presents【新赤酷邊緣】 Powered by BLANKMAG

・日程 2018/6/8 (Fri.) ~ 6/10 (Sun.) 12:00 ~ 20:00

・店舗情報 「TOXGO」

〒151-0001
東京都渋谷区神宮前 3 丁目 27-13-B1 Tel : 03-3408-6779
E-mail : info@toxgo.jp

RELATED

BLANKMAGと台湾の牛肉麺屋GoodMommy&CoによるコラボTシャツの受注販売が決定

独自な視点でセレクトした情報を発信し、実態も謎のアート/ファッションシーンを中心としたカルト的な人気を誇るカルチャーレーベルのBLANKMAGと、台北のイーストエリアにあり、実家が40年以上続く牛肉麺屋というWilly と幼馴染みのJin が始めた一風変わった牛肉麺屋GoodMommy&CoによるコラボTシャツの発売が決定した。

中目黒のセレクトショップ「1LDK」が東京と岐阜でポップアップを同時開催

日常の中の非日常をコンセプトに新しいスタンダードを提案する、東京・中目黒のセレクトショップ「1LDK」が5月10日から新宿ルミネエストでポップアップストア「1LDK Stand Buy Me! pop-up store.」を開催する。

渋谷のビンテージクロージングショップバイヤーなどによる秘蔵コレクションを販売するPOP UPが3日間限定開催

渋谷のビンテージクロージングショップ渋谷TのバイヤーのMr T Itoと、BesidethebagのNeonPotatoとTiny Fishの3名が、国内外を問わずに集めた秘蔵コレクションを販売するPOP UPを東京・原宿のA1 galleryで5/17(金)~5/19(日)まで開催する。 ま...

MOST POPULAR

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。