Dos MonosがJpegmafiaやClippingも所属するアメリカのレーベルDeathbomb Arcと契約

yahyelや向井太一、DATSにもトラックを提供している荘子itとiizuka taitan、没の3人からなるヒップホップクルーDos Monosが、アメリカのレーベルDeathbomb Arcと契約すると発表した。

Dos Monosは昨年初めて韓国ソウルでのライブを敢行し、SUMMER SONIC 2017にも応募枠3600組を勝ち抜き出演するなど話題となっている。

彼らは荘子itによるフリージャズやプログレッシブロックなどの要素をモダンに取り込んだビートと、3人のラッパーによるズレを強調したグルーヴが特長だ。そうした音楽性が高く評価され、まだ1曲も正規音源のリリースがない中、JpegmafiaやClippingなどが所属するレーベルDeathbomb Arcとの契約にこぎつけた。

今回の契約をきっかけとしてDos Monosは、アメリカを中心として世界へと活動範囲を広げていく予定だ。

related

Qiezi Mabo、Dos Monosなどが出演するイベント『THEBUG』が開催

シーンの異彩を放つアーティストが出演する『THEBUG』の第一回目が渋谷のduo MUSIC EXCHANGEにて4/24(金)に開催される。

Dos Monosの1stアルバム『Dos City』のリリース1周年を記念して"スキゾインディアン"のミュージックビデオが公開

先日久しぶりのシングル"Rojo"をリリースしたDos Monos。1stアルバム『Dos City』のリリース1周年を記念して、収録曲"スキゾインディアン"のミュージックビデオを公開した。

Dos Monosが新曲"Rojo"を本日リリース | 2ndアルバムも今春発表へ

国内外音楽フェスへの出演や、イギリスのロックバンドblack midiのRemixを手掛けたことでも話題のDos Monosが、本日3/13(金)に1stアルバム発表後初となるシングル"Rojo"を配信開始した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。