6ix9ineの新曲"Nobody (Closer)"がK-PopグループWINNERの"Island"と酷似していると非難される

5/18にラッパーの6ix9ineがトロピカルテイストの新曲"Nobody (Closer)"を、YouTubeにアップした。

この楽曲はInstagramで6ix9ineが以前ポストしていたもので、これまでの6ix9ineのイメージにはない楽曲となっている。

しかしこの楽曲、アップされるやいなやK-PopグループWINNERが昨年リリースした"Island"との酷似を指摘されてしまっている。

 

確かに基盤となっているメロディーはほぼ同じであり、WINNERのトラックにはより展開がつけられているが、これは偶然の一致なのだろうか。6ix9ineの楽曲は作曲者クレジットがわからないが、WINNERの"Island"の作曲者クレジットにはFUTURE BOUNCE・Bekuh BOOM・YOONとある。

FUTURE BOUNCEはWINNEERの所属する事務所YGのハウスプロデューサーであり、Bekuh BOOMもK-Popなどに楽曲を提供するアメリカのプロデューサーで、最後のYOONはメンバーのスンユンで、6ix9ineにビートを提供するとは考えづらい。この1件については6ix9ine側からはコメントは出ていない。

related

6ix9ineが「釈放後はニューヨークを出て強いセキュリティの家に住みたい」と考えていることが判明

強盗、殺人、放火など9つの罪についての裁判が決着し、今年7月に釈放されると見込まれている6ix9ine。

6ix9ineの弁護士が「彼は来年7月に釈放される」と断言

とうとう裁判が決着し、2年の服役と5年間の監視つきの釈放という判決が下された6ix9ine。来年釈放されることが見込まれている彼の裁判の詳細について、弁護士が明かしている。

6ix9ineの父親が懲役2年の判決に対して「嬉しく思う」と取材陣に語る

強盗、殺人、放火、銃撃、麻薬所持など9つの罪で起訴されていた6ix9ineだが、先日2年の服役と5年間の監視付きの釈放という判決がようやく下された。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。