6ix9ineの新曲"Nobody (Closer)"がK-PopグループWINNERの"Island"と酷似していると非難される

5/18にラッパーの6ix9ineがトロピカルテイストの新曲"Nobody (Closer)"を、YouTubeにアップした。

この楽曲はInstagramで6ix9ineが以前ポストしていたもので、これまでの6ix9ineのイメージにはない楽曲となっている。

しかしこの楽曲、アップされるやいなやK-PopグループWINNERが昨年リリースした"Island"との酷似を指摘されてしまっている。

 

確かに基盤となっているメロディーはほぼ同じであり、WINNERのトラックにはより展開がつけられているが、これは偶然の一致なのだろうか。6ix9ineの楽曲は作曲者クレジットがわからないが、WINNERの"Island"の作曲者クレジットにはFUTURE BOUNCE・Bekuh BOOM・YOONとある。

FUTURE BOUNCEはWINNEERの所属する事務所YGのハウスプロデューサーであり、Bekuh BOOMもK-Popなどに楽曲を提供するアメリカのプロデューサーで、最後のYOONはメンバーのスンユンで、6ix9ineにビートを提供するとは考えづらい。この1件については6ix9ine側からはコメントは出ていない。

RELATED

6ix9ineが法廷で「Jim JonesとCardi Bも自分と同じギャングのメンバーだった」と証言|Cardi B側は否定のコメントを発表

先日より報じられている通り、かつて同じギャングに所属していたメンバーたちの裁判で証言台に立っている6ix9ine。Trippie Reddが自身と敵対するギャングに所属していたことなど他のラッパーについての暴露を続けている彼が、今度はJim JonesとCardi Bについて裁判所で発言したようだ。

Meek Millが子供たちに「インターネットギャングスタになるのはやめろ」とメッセージを送る

複数の罪で収監され、現在は元ギャング仲間の裁判で証言すべく法廷に立たされている6ix9ine。そんな彼に対してはヒップホップシーン全体から多くの批判の声が上がっているが、そのような現状を見てMeek Millが若い世代にメッセージを送っている。

Trippie Reddがかつてギャングに所属していたと6ix9ineが証言

先日報じられた通り、同じギャングのメンバー二人の裁判で証言を行なった6ix9ine。彼がそこで、以前ビーフを行なっていたTrippie Reddについて発言し話題を呼んでいる。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。