ダンサーだったBlocBoy JBが"This Is America"でのChildish Gambinoのダンスについて語る

先日ついにビルボードシングルチャートで1位を獲得したChildish Gambinoの新曲"This Is America"。この曲には21 SavageやYoung Thugなど様々なラッパーのアドリブが使われている。

その中の1人であるBlocBoy JBは、さらにミュージックビデオ内でGambinoが、彼のシグネチャーである"Shoot"ダンスを披露している。BillboardのインタビューでBlocBoy JB本人がこの曲について語っている。

彼は自身のマネージャーにGambinoが君のアドリブを欲しがっていると言われた時のことをこう話している。「まるで臓器提供をするみたいだったよ」と話すBlocboy JBは「ビートはめちゃくちゃヤバかったし、『ああ、俺は嘘をつきたくない、このヤバいビートの上でラップしたい』って感じだったよ」と興奮交じりに語っている。

そして彼がThis Is AmericaのMVを初めて観たときのことについてはこう語っている。「このMVはハンパじゃない」と絶賛している。さらにMVの中でGambinoはダンスを披露しているが「彼がダンスを踊り始めたとき俺はこう思ったよ、『マジか!』ってね。俺は彼がこんなダンスの踊り方を知っているとは思わなかったよ。」とダンサーでもあるBlocBoyは、Gambinoのダンスのうまさに驚きを隠せなかったようだ。

BlocBoy JBはDrakeとコラボした楽曲"Look Alive"で自身が披露したShootダンスの産みの親としても有名だが、Gambinoは"This Is America"のMVの中でそのShootダンスを踊っているが彼のShootダンスに10点満点で点数をつけるとしたら?と聞かれた際、「誰も10点満点はとれないよ。彼は9点だね。俺だけが10点をとれる。」とShootダンスについては、自分が1番うまく踊れる譲らなかった。

ちなみにBlocBoyが"This Is America"のMVの中で1番好きな場面はGambinoが椅子に座った人の頭を撃ち、ラップを始める場面らしく、この場面について「これがアメリカなんだよ。毎日誰かが死んでいるんだ」とアメリカの現状を表していると語った。

related

【レビュー】Childish Gambino『3.15.20』| 世界はまだまだChildish Gambinoが必要だ

2018年、“This is America ”でヒップホップアーティストとして初のグラミー最優秀レコード賞と最優秀楽曲賞の主要2部門(最優秀ラップサングパフォーマンス賞と最優秀ミュージックビデオ賞を含むと4部門)を制して歴史を書き換えたChildish Gambinoが、3/20に自分のサイトにストリーミング形式で4作目『3.15.20』を発表した。

Childish Gambinoがポップスからテクノまでを飲み込んだ問題作『3.15.20』をリリース

先週に自身のサイトで新作の先行ストリーミングを行なっていたChildish Gambinoが、昨日その新作『3.15.20』をリリースした。

Thundercatの3年ぶりの最新作『It Is What It Is』 がリリース決定 | Flying Lotusとの共同プロデュースでChildish GambinoやTy Dolla $ignなども参加

2017年にリリースしたアルバム『Drunk』が高い評価を得たThundercatが、3年ぶりとなるアルバム『It Is What It Is』をリリースすると発表した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。