KINK GONGによる来日公演が開催 | アジア圏のフィールドレコーディングなどによるスペシャルセットを披露

ワールドミュージックレーベルSUBLIME FREQUENCIESの、アジア・フィールド・レコーディング部隊の1人であるフランス人フィールド・レコーディング収集家LAURENT JEANNEAUによるサウンド・プロジェクトKINK GONGの来日公演が開催される。

KINK GONGは長年に渡りアジア圏で録音を繰り返し、自作CD-Rを限定流通してきた。その後SUBLIME FREQUENCIESのフィールド・レコーディング部隊として『ETHNIC MINORITY MUSIC OF NORTHWEST XINJIANG, CHINA』『ETHNIC MINORITY MUSIC OF NORTHEAST CAMBODIA』をリリースし大きな話題となった。

近年はチベット、中国の作品を積極的にリリースし、ヨーロッパのフェスティバルや美術館でライブを披露し、アジア音楽ファンだけにとどまらず、アンビエント、実験音楽ファンからも注目を浴びている。今回の来日公演では新疆ウイグル自治区、チベット、中国雲南省、カンボジア、など彼の代表的フィールドレコーディングだけでなく、新作『DIAN LONG』も混ぜたスペシャル・セットを準備。エディットされていないアコースティックな音塊から、コンピューター・モディファイドなお得意のサウンドコラージュまでを披露する予定だ。

公演にはEM Recordsからリリースされているタイ作品の監修を手がけており空族の映画『バンコクナイツ』でお馴染みの2人組DJユニットSoi48が出演。さらに俚謡山脈はKINK GONG『VOICES』のオマージュとして素朴で荒々しくも魅力的な声が刻まれた日本の民謡レコードを使ったDJセットでパーティーを盛り上げる。

Info

soi. vol27

7/1(SUN) SOI48 VOL.29 KINK GONG SPECIAL @新宿 BE-WAVE

SOI48 VOL.29 KINK GONG SPECIAL
7月1日(日) 新宿 BE-WAVE
http://www.be-wave.co.jp/rental-space/
OPEN : 18:00-24:00

エントランス :
2,000YEN

※ご来場のお客様はお店にドリンクオーダーください。
※再入場可。出入り自由。

■SPECIAL GUEST LIVE
KINK GONG(DISCREPANT/SUBLIME FREQUENCIES)

■DJ
Soi48 (KEIICHI UTSUKI & SHINSUKE TAKAGI)
俚謡山脈 (VOICES SPECIAL SET)
KUNIO TERAMOTO aka MOPPY

RELATED

【対談】JUU × YOUNG-G|ルークトゥンは僕の血の中に流れている

巷に氾濫する「コラボレーション」や「フィーチャリング」といった、日本語で「共作」を意味するところの使い古されたこの言い回しを、私たちは一度、本質的に疑ってかかったほうがいいかもしれない─タイはイサーン地方・コーンケーンを拠点にする重鎮ラッパー・JUUとその愛弟子・G.JEEによる初めてのフルアルバムにして最新作『New Luk Thung』(EM Records)は、誰もが(国を超えたアーティスト同士でさえも)インターネットを介して簡単にコネクトできる時代の、ある種のお決まりの型として使われるそれらの言葉の「軽さ」を逆説的に炙りだしている。

Monaural miniplugがサウンドシステムを取り入れた夏祭り『SOI48 VOL.36 KHON PHUTHON BAND SPECIAL』を開催

2019年のFUJI ROCK FESTIVALに出演が決定したMonaural miniplugが、タイから直輸入した電圧220Vのサウンドシステムを披露する夏祭り『 SOI48 VOL.36 KHON PHUTHON BAND SPECIAL』を新宿BE-WAVEにて7月26日(金)に開催する。

タイ・ヒップホップシーンの女王CLEO Pの来日公演が開催

2/3(日)に東京・新宿のBE-WAVEで開催されるDJユニットSoi48によるパーティに、タイ・ヒップホップ界の女王CLEO Pが出演することになった。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。