Chris Brownがレイプ事件に関与した疑いで告訴されるもでっち上げだと反発

Chris Brownが2017年に起こったレイプ事件に関与した疑いで告訴された。(この記事には人を不快にさせるような表現が含まれています。ご了承ください)
昨年、Chris Brownが彼の自宅で開いたパーティにおいて、友人らとともに複数の女性に対して性的暴行をはたらくことを共謀、補助したとして被害者の女性から訴えられた。

事件の詳細はこうだ。被害者の女性Jane Doeさん(仮名)は昨年ロサンゼルスで行われたChrisのコンサートのあとに、彼の自宅で開かれたアフターパーティに何人かの女性友達とともに半ば強制的に参加させられてしまった。Janeは自身の携帯をChrisらに取り上げられ、それをChrisの家に持ち帰られたため、彼の家に行くしかなかったようだ。

Chrisの家に入ったJaneはまず、Chrisの女友達にオーラルセックスを強要された。その女友達は当時、生理中だったらしくJaneの顔面は血だらけになってしまった。その血を洗い流すためにバスルームに向かったJaneはシャワーを浴びている最中に、さらにChrisの男友達から2度にわたる性的暴行を受けたようだ。

訴状によると、ChrisはJaneに対して直接暴行をはたらいたわけではないらしいが、Chrisの自宅にはコカインのような薬物や銃もあったようで、計画的犯行を疑う声もある。被害者女性は賠償金を求めて闘っていく方針とのことだ。

そんな中、Chris Brownの弁護士がTMZのインタビューにて反論を行っている。
Chrisの弁護士Mark Geragosはこのような事件は起こっておらず、これはChrisに対する脅しだと主張した。

これに対し被害者女性の弁護士であるGloria AllredがTMZにこう語っている。「注意しなさいMark。私たちは証拠を握っているし、あなたと私が和解したなんてことは一切ないわ。」

それぞれの弁護士同士の主張は食い違いをみせているが、当の本人であるChris Brownからの声明などはまだない。

RELATED

Chris Brownに息子が呪いをかけられたと主張する母親が自宅の庭に聖書を投げ込む

どんなアーティストにも熱狂的なファンというのは少なからず存在する。アーティストにとってそのようなファンの存在はありがたいことだが、端から見た時にその熱狂加減がまるで何かに取り憑かれたかのように写ることがあるかもしれない。当人が気にしていなくても、周りの人はそんな当人の事を心配するだろう。それが我が息子ならなおさらだ。今回、Chris Brownが息子に呪いをかけたとしてChris本人の家まで出向き、庭に聖書を投げ入れるという奇行にでた母親が現れた。

Chris Brownにレイプされたと告発した女性が「彼は私を部屋に閉じ込めた」と主張

先日、Chris Brownに新たなレイプ疑惑が浮上した。Chris Brown本人は疑惑を強く否定しているが、被害を受けたとして告発している女性の弁護士が今回「Chris Brownは部屋に鍵をかけて女性を部屋に閉じ込めた」という新たな証言を行なっている。

Chris Brownがまたしても女性をレイプしたとして警察に拘束される

これまでも数々の問題を起こし、物議を醸してきたシンガーのChris Brownが、先週、またしても女性をレイプしたとして警察に拘束されていたようだ。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。