Childish Gambinoの"This Is America"のミュージックビデオのコレオグラファーが制作の背景について語る

大きな話題となっているChildish Gambino(Donald Glover)の"This Is America"のミュージックビデオ。様々なシンボリックなシーンが毎秒ごとに登場するビデオは、議論を巻き起こしつつも世界中を虜にしている。

FNMNLでも、解説記事がアップされているこのビデオのコレオグラファーSherrie Silverのインタビューが、Pigeons & Planesに掲載されている。

アフリカ・ルワンダ生まれのダンサーで女優、クリエイティブディレクターも務めている彼女は、「アフリカンダンスとアフリカのカルチャーを世界に紹介し、世界をアフリカに連れていく」のを目標に活動してきたという。

Gambinoのチームからオファーを受けた際にSilverは、「このビデオには暗いテーマが多く入っているので、ダンスシーンはその中の光としてあってほしい」と伝えられたという。なのでダンスシーンはバックグラウンドで起こっているカオスの中でも、笑顔を絶やさず楽しそうな雰囲気を出しているのだ。Silverは「1つのシーンの中で2つもしくは3つの全く違う世界が存在している」と話している。

またTwitterユーザーが指摘しているように、Gambinoと学生たちが踊っているダンスの1つが南アフリカでポピュラーなダンスGwara GwaraとナイジェリアのShaku Shakuの他にも、アンゴラのダンスやガーナのダンスなども含まれていると指摘した。

さらに19世紀の白人コメディアン Thomas D. Riceが作った黒塗りのキャラクターJim Crowを模した動きについては、SilverのアイディアではなくGambino自身のアイディアだったと述べている。さらに全体のストーリーについては、Silver自身も知らないと述べ、「最後のシーンでGambinoが、何から逃げているのかはまだわからない。これは彼のビジョンだから」と述べ、Gambinoの意図はわかっていないが、「でも私がわかっているのは、アメリカだけでなく、世界で何が起こっているかを示そうとした」ということだと加えている。

Silverはこのビデオを、「議論がスタートするのを促し、人々がそれぞれの意見を持つようになる」のが全体的なポイントだと話している。今後もさらに議論を呼びそうなビデオについてのインタビューはこちらで読むことができる。

related

Donald Gloverが「次にリリースするアルバムは自分にとって“最大”のものになる」と語る|『アトランタ』のシーズン3、4も予告

今年の3月にアルバム『3.15.20』をリリースしたChildish GambinoことDonald Glover。パンデミックの渦中にリリースされ、収録曲の多くにタイトルがついていないという特異なアルバムだったが、そんな同作と、今後リリースされる次回作について彼自身が語っている。

Donald Gloverが最新インタビューの中で新作の構想について触れ「スピリチュアルなものになる」と語る

新型コロナウイルスの爆発的な流行の最中に発表された前作『3.15.20』も話題を呼んだChildish GambinoことDonald Glover。以前はChildish Gambino名義からの引退も噂され、また前作のリリース以来目立った音楽活動を行っていない彼が、GQのインタビューに登場し新曲の構想について明かした。

【レビュー】Childish Gambino『3.15.20』| 世界はまだまだChildish Gambinoが必要だ

2018年、“This is America ”でヒップホップアーティストとして初のグラミー最優秀レコード賞と最優秀楽曲賞の主要2部門(最優秀ラップサングパフォーマンス賞と最優秀ミュージックビデオ賞を含むと4部門)を制して歴史を書き換えたChildish Gambinoが、3/20に自分のサイトにストリーミング形式で4作目『3.15.20』を発表した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。