史上最悪のフェス『Fyre Festival』のドキュメンタリーがHuluで2019年に放送決定

昨年4月末から5月にかけて2週間連続で、バハマで開催される予定だった『Fyre Festival』をご存知だろうか。

チケットは4000ドル(約44万円)から25万ドル(約2750万円)という高額な価格帯で、Major LazerやDisclosure、Migosなど豪華アクトが出演予定だったが、開催日に当初の発表とはかけ離れた豪華とはいえない宿泊施設や、全くイメージとは違うステージが明るみに出て、参加者からクレームが殺到。

開催当日に延期を発表し、その後も結局開催されずじまいで、主催者は詐欺罪で起訴され、運営会社のFyre Mediaは破産してしまう、まさに史上最悪のフェスとなってしまった。

悪夢のフェスから約1年が経過し、現在もフェスの捜査が続けられている中、Huluでこの最悪のフェスをテーマにしたドキュメンタリーシリーズが放送されることになったとHollywood Reporterが伝えている

このドキュメンタリーでは豪華フェスの裏側で何が起きていたのかを、開催地のバハマの住民から、参加者、出店者、投資家などのインタビューを通じてなぜ史上最悪のフェスが作られてしまったのかの真実を解明する。

さらにインタビューだけではなく未公開の当日の映像や、Eメールや内部文書なども公開される。

『Fyre Festival』はBilly McFarlandとラッパーのJa Ruleが主催しており、主催の2人は総額1億ドル(約106億円)の損害賠償裁判を起こされており、McFarlandは詐欺罪で起訴されている。

このドキュメンタリーシリーズは2019年に放送予定だ。

related

グローバルな音楽ディストリビューター『SPACE SHOWER FUGA』が誕生

昨日9/1にオランダ/アムステルダムを拠点に業界最先端のディストリビューションシステム、アナリティクスシステム、 印税計算システムなどを提供しているFUGA社とスペー スシャワーネットワークのジョイントベンチャーにより、SPACE SHOWER FUGAが誕生した。

野外音楽フェスの主催事業者による団体『野外ミュージックフェスコンソーシアム』が設立

日本全国では年間300件近く開催されており、数万人から数十万人を動員する大型イベントも多く存在する野外音楽フェス。昨年は、コロナウィルス感染症蔓延の影響により全国的に開催中止が続出、文化的にも経済的にも大きな損失を招いた。

音楽ストリーミングサービスでは上位1%のアーティストの楽曲の再生数が全体の90%を占めているという統計が発表

しばしば音楽ストリーミングサイトは、人気アーティストにとっては大きなメリットがあるが、それ以外のアーティストにとってはビジネス的な利点がないことが指摘されてきたが、それを証明するような新たな統計が発表された。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。