G-Eazyが空港でIDを忘れ自分が載った雑誌の表紙を見せて乗り切る

空港でパスポートやIDを忘れてしまい焦った経験がある人は意外と多いかもしれないが、人気ラッパーの場合はこういう乗り切り方ができるようだ。

ラッパーのG-EasyのガールフレンドでシンガーのHalseyがTwitterでこのようなツイートを行った。

Halseyは「Gerald(=G-Eazy)はIDを忘れ、本人であることを証明するために自分が表紙になった雑誌XXLを使って、空港のセキュリティーを乗り切ろうとした。私はとてもイライラした」と、G-Eazyの間抜けなのか大胆不敵なのかわからない行動にイライラさせられたと投稿。

それに対しG-Easyは、その作戦が功を奏したとツイートした。

ちなみにG-EazyがIDとして使用したのが、こちらの表紙だ。

もし空港に自分が表紙になっている雑誌がある方は、万が一の時はこの作戦を使ってみては?

related

以前スウェーデンで拘留された経験を持つG-Eazyが「俺の扱いがA$AP Rockyよりも良かったのは人種差別のせいだ」と指摘する

一般人との乱闘を理由にA$AP Rockyを数週間に渡って拘留していることで、スウェーデン政府が多くの批判を浴びている。そのような状況の中、過去に“No Limit”でコラボを行なったほか自身もスウェーデンでの逮捕、拘留の経験を持つG-EazyがA$AP Rockyの件についてコメントを発表した。

暴行とコカイン所持容疑で逮捕されたG-Eazyが釈放

ツアーでの滞在先のスウェーデンで、訪れたクラブの警備員への暴行とコカイン所持容疑で逮捕されていたG-Eazyが、釈放された。

G-Eazyが暴行とコカイン所持容疑でスウェーデンで逮捕される

最新シングル"1942"もヒットしているラッパーのG-Eazyが、暴行とコカイン所持容疑で、滞在先のスウェーデンで逮捕されたとTMZが伝えている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。