Migosの"Walk It Talk It"の『ソウル・トレイン』風のMV監督が制作秘話を語る

MigosがDrakeをフィーチャーした"Walk It Talk It"のミュージックビデオは往年の人気音楽番組『ソウル・トレイン』を模したものとなっていて、日本でも大きな話題となっている。

ビデオの監督を務めたDapsがBillboardに登場し、このビデオについてインタビューに答えている

まず驚きなのはDapsは2月のある月曜日にMigos側から「金曜日に撮影をしたい」とオファーを受けたとのことで、たった4日間でビデオの内容を考えなければならなかったという。

Dapsはオファーをもらった時にMigos側に対して「緊急体制で、全てをめちゃくちゃ速くやらないと」と言ったと振り返っている。

DapsはDrakeとMigosが撮影に参加でき、スターラッパーが並びたてば、それでOKだと考えたという。そこで出来上がったのがあの『ソウル・トレイン』風のミュージックビデオだった。

ビデオで印象的なのは80年代に流行ったジェリー・カール風のかつらをかぶったDrakeだが、このアイディアはDrake自身が撮影前にDapsに提案してきたという。

さらに印象的なのはOffsetによるダンスだが、Dapsは以前に何かのビデオでOffsetがラテン・ダンスを上手にこなすのを見たことがあり、Offsetが踊れることを知ってたと明かす。撮影でOffsetがポッピングやロッキングを決めるのを見たDapsは、Offsetは世界で最高のダンサーだと思ったと明かしている。

RELATED

ウォリアーズがNBAファイナル第3戦の試合前にPusha TのDrakeディス曲をプレイしておちょくる

過熱するNBAファイナルと同時に、ラプターズを応援するDrakeとウォリアーズのコート外でのバトルも盛り上がりをみせている。

NBAファイナルの影響でDrakeの楽曲がベイエリアのラジオ局で放送禁止に

今年のNBAファイナルはゴールデンステート・ウォリアーズとトロント・ラプターズの顔合わせとなっている。両者1勝ずつで本日第3戦が行われているが、ラプターズを後押しするDrakeのおかげでヒップホップファンも興味津々となっているようだ。

NBAがラプターズに対してDrakeの試合中のコートサイドでの問題行動を警告か

チーム創設以来初となるNBAファイナル進出を決めたトロント・ラプターズ。ラプターズの大ファンとして知られるのが地元のトップアーティストDrakeだ。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。