Big SeanとPUMAによるデビューコレクションが発表 | Suedeやアパレルも展開

ラッパーのBig Seanが、PUMAのクリエイティブコラボレーター兼ブランドアンバサダーに就任して初となるデビューコレクションを発表した。

まずBig Seanは50周年を迎えたPUMAのアイコニックなスニーカーSuedeの、自身によるモデルを発表した。

18SS_SP_Suede50_BigSean_02757_E_R1_RGB

18SS_SP_Suede50_BigSean_Product_4610_R2_RGB

18SS_SP_Suede50_BigSean_Product_4583_R1_RGB

Suede Mid Classic Big Seanと名付けられたこのモデルは、創始者ルドルフ・ダスラーの時代のロゴ を髣髴させるプーマキャットとBig Seanの生まれ故郷であるデトロイトのDのマークが特徴的なコラボレーションロゴと、グリーン、ホワイ ト、ブルーの配色のテープとベロアとニットのコンビが素材に用いられている。

18SS_SP_Suede50_BigSean_02817_JC_R1_RGB

外側にもBig Seanのサインが書かれ、アッパーと同色のフォームストライプ (プーマライン)、ソック構造やハイキングシューズのレースに着想を得たユニークなシューレースホールによって、全く新しいスウェードに生まれ変わった。

18SS_SP_Suede50_BigSean_Product_4544_R1_RGB
Suede Mid Classic Big Sean 3月22日発売予定 ¥12,800(税抜き)

PUMA Big Sean T7 TopとPantsはソフトサテン、ベロア、ダブルニットといた素材や襟、袖口、ウエストを強調する専用テープをアクセントに加え、ストリートとラグジュアリーの融合を表現した。

さらにフルレンジのコレクションには他のモデルも登場、アッシュカラーのSuedeの別モデルやフォームストライプのないナチュラルカラーのシンプルなClyde、立体整形されたインソールとプレミアムスウェードを使用したストラップ、かかと部分のロゴが特徴的なサンダルも登場する。

18SS_SP_Select_Big-Sean-Collection_Q1_Product_Suede_4663_RGB

18SS_SP_Select_Big-Sean-Collection_Q1_Product_Clyde_4802_RGB

18SS_SP_Select_Big-Sean-Collection_Q1_04230_RGB

アパレルでは、オフホワイトのサテンとナイロン素材が用いられたコーチジャケットや、ソフトベロアとプレミアムダブルニットを使用したフーディー、Tシャツなどもリリースされる。コレクション全てに使用されているトリコロールのテープが、ここでもやはり存在感を放つ。

18SS_SP_Select_Big-Sean-Collection_Q1_05005_1669_RGB

18SS_SP_Select_Big-Sean-Collection_Q1_04304_RGB

Suede 50周年を記念してデザインされたSuede Mid Classic Big Sean は3/22 (木)からPUMA オンラインストア(jp.puma.com)、PUMAストア、PUMA取り扱いの限定店舗 で、またBig Seanとのコラボレートコレクションは 3/31(土)に発売されます

 

related

MIN-NANO/TOXGOの中津川吾郎ディレクションのVANS 「HOLIDAY GIFT」 SUEDE PACKが登場

Vans Japanから2022年のホリデーシーズンを締めくくるオールスエードのパッケージが登場した。

StüssyとNikeのコラボレーションでAir Penny IIが登場

1996年に初登場したAir Penny IIが、StüssyとNikeのコラボレーションモデルとして発売される。

Stone Islandからサッカー、グライム、UKロックから着想を得たスニーカーが登場

Stone Islandから3種類の新作スニーカーが登場した。

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。