BAD HOPの新作EP『BAD HOP HOUSE』からVingoとBenjazzyによる"2018"のミュージックビデオ

4/6にZepp Tokyoでワンマンライブを開催するBAD HOPが、リリース予定の最新EP『BAD HOP HOUSE』の収録曲"2018"のミュージックビデオを公開した。

"2018"にはVingoとBenjazzyをフィーチャー。ZOT on the WAVEによるバンピンなトラックの上で、VingoによるキャッチーなフックとBenjazzyによるテクニカルかつハードなフロウが好対照に映える楽曲となっている。

ミュージックビデオの監督はYZERRのミニドキュメンタリーの監督も行っているRenichi Murakoshiが務めた。

 

なおワンマンライブの先行招待状チケットがオフィシャルオンラインショップで3/15より追加発売される。

RELATED

BAD HOPからVingo、Bark、G-k.i.dによるミックステープ『REDRUM』がリリース

YZERRやTiji JojoがEPをリリースするなどメンバーそれぞれの活動が本格化しているBAD HOPから、今度はVingo、Bark、G-k.i.dの3人によるミックステープ『REDRUM』がリリースされた。

BAD HOPのTiji JojoがEP『PLAYER 1』を来週リリース | KMが手がけたタイトル曲も公開

BAD HOPのメンバーでメロウなフロウで注目を集めているTiji Jojoが、ソロとして初のEP『PLAYER 1』を5/21(火)にリリースすると発表した。

YZERRがソロ作『Rich or Die』をリリース

BAD HOPの司令塔のYZERRが予告していた通り、ソロ作『Rich or Die』を本日リリースした。BAD HOPのメンバーとしてはT-Pablowが2017年に『Super Saiyan1 The EP』をリリースしており、それ以来のソロ作となる。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。