BAD HOPのワンマンライブ『BADHOP HOUSE』が4月にZepp Tokyoで開催決定

川崎を拠点とするクルーBAD HOPが、4/6にZepp Tokyoでワンマンライブを開催、昨日先行販売されるチケットについてのアナウンスを行った。

BAD HOPの中心メンバーであるT-Pablowのツイートによれば、ワンマンライブのタイトルは『BADHOP HOUSE』で、コンセプトはBAD HOPの家に、お客さんを招待して遊ぶというもの。前売り先行チケットとして、2/22から招待状チケットが下記サイトにて発売される。

https://badhop-deal.com

なおT-Pablowがアップしている招待状の画像には、ライブの撮影禁止などが記載されており、『BADHOP HOUSE』を体感するためには、現地に足を運ぶしかなさそうだ。

RELATED

BAD HOPからVingo、Bark、G-k.i.dによるミックステープ『REDRUM』がリリース

YZERRやTiji JojoがEPをリリースするなどメンバーそれぞれの活動が本格化しているBAD HOPから、今度はVingo、Bark、G-k.i.dの3人によるミックステープ『REDRUM』がリリースされた。

BAD HOPのTiji JojoがEP『PLAYER 1』を来週リリース | KMが手がけたタイトル曲も公開

BAD HOPのメンバーでメロウなフロウで注目を集めているTiji Jojoが、ソロとして初のEP『PLAYER 1』を5/21(火)にリリースすると発表した。

YZERRがソロ作『Rich or Die』をリリース

BAD HOPの司令塔のYZERRが予告していた通り、ソロ作『Rich or Die』を本日リリースした。BAD HOPのメンバーとしてはT-Pablowが2017年に『Super Saiyan1 The EP』をリリースしており、それ以来のソロ作となる。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。