machinaが新曲を提供した資生堂のコラボレーションムービーが公開

SXSW 2018にも出演が決定した、韓国出身で現在は東京を拠点に活動するアーティストのmachina。

映像クリエイターやモデルとしても活動するmachinaが、新曲を書き下ろし自ら出演した資生堂とのコラボムービーが公開された。

自身で機材を操り、アンビエント~R&Bまでを横断したスタイルで知られるmachina。現在は東京をベースに2枚のEPと1枚のLPをリリースしている。

資生堂のグローバルブランドSHISEIDOのWEBコンテンツとして制作されたこのコラボレーションムービーは、machina自身のリアルなストーリーをドキュメンタリータッチで描いた作品。音楽を通じてどんなことを感じ、自分自身が成長してきたのかを語り、アーティストとして輝く姿を活き活きと描いている。

このコラボレーションの為にmachinaは新たに全ての音楽とモノローグを書き下ろした。

machinaは今年のSXSWに出演が決まっているほか、天王洲キャナルサイドで開催されるアートプロジェクト『TOKYO CANAL LINKS#5』のオープニングイベントにDJ KRUSHと共に出演が決まっている。

Info

related

開催中止となったRAINBOW DISCO CLUBが12時間連続動画配信イベントを実施|DJ NobuやLicaxxx、Kenji Takimi、machìnaなどが出演

新型コロナウイルスの影響により、中止となってしまったRAINBOW DISCO CLUBが、4月18日(土)に、『somewhere under the rainbow!』と題して、12時間に及ぶ動画配信イベント(有料電子チケット制)を実施する。 今回はドローンミラーボールなどRAINBOW ...

【イベントレポート】『Co:Labs LIVE』|今までにない視覚と聴覚のセッション

やはりライブを体験するなら、見たことのない新規性のあるパフォーマンスを楽しみたい。そのキーワードは「コラボ」。

machìnaがニューアルバム『Willow』をリリース

韓国出身で東京を拠点に活動しているエレクトロミュージシャンmachìnaが、今年3月に発表されたアルバム『Archipelago』に続く最新作『Willow』を本日リリースした。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。