Chance The RapperがChildish Gambinoとのコラボ曲は「素晴らしい」と述べる

数年前から話題に上り続けている、ということは人々がずっと関心を持っている作品の1つにChance The RapperとChildish Gambino(Donald Glover)のコラボ作がある。

このコラボが初めて俎上に載ったのは2014年のこと。その後沈黙の期間があり昨年の1月に再び2人のツーショット写真がアップされ話題が再燃した。しかしこれまで、この2人によるコラボ楽曲はリリースされたことがないが、その楽曲の出来栄えについてChanceが口を開いた。

ChanceはPitchforkが主催するイベントに登壇し、このコラボ曲について語った。

Chanceは「コラボ曲はないまま、噂だけを生き延びさせている」とジョークを言ったあとに「アトランタで会って数曲レコーディングしたよ、素晴らしい曲ができた」と、その出来に自信を見せている。

さらにChanceはイベントの中で、親交の深いKanye Westが新作を作っているのでは?という質問に対しこう答えている。

Chance「うーん、多分ね。おれはKanyeが次に何をやろうとしているのか知らない、知っている人はいないと思う」とKanyeの行動はChanceでも知ることができないと明かした。さらにKanyeから一番学んだところは?という質問に対してはこのように回答した。

「Kanyeはおれにどうやってマルチタスクをこなすかと、スタジオをただ音楽を作る以上場所として活用してみせた。彼はスタジオ全室を借り切って、異なるプロジェクトに取り組んでいた」とChanceは語る。そのスタジオの部屋ごとには「大勢の人とたくさんのラップトップがあり、彼らは何をしているかわからなかった。『LEGO MOVIE』のスタッフだった1人の女性と話したら、彼女はマジシャンを探していたよ。Kanyeはステージから姿を消したかったみたいだから」と、Kanyeが様々な役割のスタッフを用意していることも示した。

さらにChanceは、なぜTwitterでそんな怖いものなしの態度を取れるのかという質問に対し、このように回答した。

「Twitterには性差別や人種差別があるよ、おれは黒人女性が自由にならない限り、自分を自由だとは言えない」と持論を述べた。

related

Chance The Rapperが『ホームアローン』のリブートバージョンを企画中と明かす

Chance The Rapperが先日人気TV番組『The Tonight Show』にリモート出演し、そこで現在計画中のある企画について明かした。

Chance The Rapperと裁判中の元マネージャーが『The Big Day』を「質の低いフリースタイルアルバム」と酷評

昨年リリースのアルバム『The Big Day』以来まとまった作品をリリースしていないChance The Rapper。彼の人気を不動のものとした2016年のミックステープ『Coloring Book』と比べやや賛否両論の評価を受けた同作だが、現在彼と裁判中である元マネージャーが『The Big Day』を酷評し話題を呼んでいる。

Donald Gloverが「次にリリースするアルバムは自分にとって“最大”のものになる」と語る|『アトランタ』のシーズン3、4も予告

今年の3月にアルバム『3.15.20』をリリースしたChildish GambinoことDonald Glover。パンデミックの渦中にリリースされ、収録曲の多くにタイトルがついていないという特異なアルバムだったが、そんな同作と、今後リリースされる次回作について彼自身が語っている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。