RolandからTRシリーズの最新作『TR-8S』がリリースへ

Rolandからダンスミュージックやヒップホップの歴史に欠かすことのできない、リズムマシン『TR-808』や『TR-909』のサウンドを継承する、TRシリーズの最新作『TR-8S』が3/24に発売される。

DL01_TR-8S_front

2014年に根強いTRシリーズ復活の声に応え、RolandがスタートさせたのがAIRAシリーズだ。代表機種である『TR-8』は、過去の名作の音色はもちろん、アナログ回路の振る舞いまでを独自技術「ACB(Analog Circuit Behavior)」で忠実に再現し、アナログのサウンドと、デジタルならではの機能を兼ね備えた先進的な楽器として世界中で高く評価されている。

新たに発売される『TR-8S』は、『TR-8』の基本機能を継承しつつ、ミュージシャンやクリエーターからのさらなる要望に応えて音質・機能を強化したモデル。現在のダンス・ミュージックに対応する最新サウンドやリズム・パターンも多数内蔵。さらに、ユーザー自身が本体に好みのオーディオ・サンプルを取りこむことも可能だ。

DL04_TR-8S_image_08

『TR-8S』は、視認性に優れ、好みのカラーに設定可能なLEDフェーダーやつまみの操作で音色に変化を加えたり、エフェクターを駆使して音色を劇的に変化させることもリアルタイムで可能。

USBケーブルでパソコンと接続すれば、音楽制作ソフトウェアと連携してデジタル・レコーディングを行うなど、ライブ・パフォーマンスから音楽制作まで、さまざまな場面で活躍できる。

Info

リズム・パフォーマー 『TR-8S』

価格 オープン価格

発売日 2018年3月24日(土)

初年度販売予定台数(国内/海外計)
7,000台

https://www.roland.com/jp/products/tr-8s/

related

Rolandからスマートフォンでも使用可能な無料の音楽制作アプリ『Zenbeats』が配信リリース

Rolandが手軽にエレクトロニック・ミュージックをはじめとする音楽の制作を楽しめる無料アプリ『Zenbeats』を、昨日より配信開始した。

Roland TR-808が国立科学博物館の 「重要科学技術史資料」に登録

Rolandが1980年に発売し、さまざまな音楽シーンに大きな影響をもたらしたリズムマシンTR-808が、国立科学博物館によって2019年度「重要科学技術史資料(愛称:未来技術遺産)」に登録された。

ローランドがビートに合わせて映像を簡単に加工できるアプリ『Beat Sync Maker』をリリース

ローランドが楽曲のビートに合わせて簡単に視覚エフェクトを加えることのできるスマートフォン用の動画加工アプリ『Beat Sync Maker』を、本日11/26にリリースした。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。