Funkmaster FlexがLil Pump、Lil Yachty、G-Eazy、Nicki Minajを「ワックなラッパー」と批判

Funkmaster Flexはラジオやテレビ、インターネットなどで主張をするにあたって、これまでも容赦なくラッパーなどに対して攻撃を行ってきたが、またその毒舌が火を噴いた。

今週の火曜日に彼はDiddyのInstagramの投稿を引用し、彼自身がワックだと思っている何人かのアーティストをその下に書き連ね、自身のアカウントに投稿した。

Diddy自身の投稿も今週の火曜日に投稿されたもので、アメリカのヒップホップカルチャーについて彼が考えを巡らしている動画である。彼は動画でこう語っている。
「俺はこのカルチャーが希薄なものになってほしくないと思っている。アーティスト達は特別でなければならないし、ユニークでなければならない。端っこのノイズになるな。偉大であれ」

FlexはDiddyの思いに対して気持ちの高ぶりを感じたようで、コメントの中で様々なラッパーを狙い撃ちし、自身のInstagramにDiddyの動画とともに、“Yes!!!!!たくさんのワックなラッパー達がここにいる!!!お前らが考えるワックなラッパーを今すぐコメントしてくれ!!!”と投稿したのだ。

このThe Hot97のMCははじめに、G-Eazy、Lil Pump、Lil Yachty、そしてあとからNicki Minajを彼が考えるワックなラッパーとしてコメントした。その中で唯一Lil YachtyがFlexに「いいかげんにしてくれよ、Flex」と返信している。
それに対し、Funk Flexはからかうようにこう返している。
「そうさ!!Lil YachtyはMigosに俺についての曲を作ってほしくないのさ!!お前が正しいよ!!」と、Yachtyのうんざりな様子も御構い無しだ。

#JustMyOpinion

FunkFlexさん(@funkflex)がシェアした投稿 -

さらにFunk Flexは続いての投稿で「ワックなラッパーには消費期限がある。期限がきたら次のワックなラッパーに置き換わる。そういうサイクルなんだ」と自身の意見を補足した。

Funk Flexとここで批判されたラッパーたちのビーフがスタートしてしまうのだろうか?

RELATED

Lil Pumpが突如「俺はマイアミの王だ」と主張

Lil Pumpといえば「俺がいるからSoundCloudが存在している」や「俺が18歳で成し遂げたことを誰も出来ていない」などの大胆な発言や、ガソリンスタンドで煙草を吸うなどの過激な行動で連日世間を賑わせてきたイメージだが、ここ数ヶ月は鳴りを潜め、落ち着いたと思われていた。しかし、やはり彼は変わっていなかったようで、突如「俺はマイアミの王だ」と宣言をしている。

Chance The RapperがNicki MinajとCardi Bのビーフについて語る

先日、家族との時間を過ごすためツアーを延期すると発表したばかりのChance The Rapper。そんな彼が今週木曜日、『Big Boy TV』のインタビューに登場。Nicki MinajとCardi B、それぞれについて語っている。

Nicki Minajが突如Twitterで引退を宣言

最近は新曲“MEGATRON”のリリースやMegan Thee Stallionの“Hot Girl Summer”にフィーチャーされるなど昨年の『Queen』のリリースから、再び精力的に活動している印象のあったNicki Minaj。そんな彼女が突如Twitterで引退宣言をした。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。