6ix9ineがロサンゼルス国際空港で大喧嘩

最近では“Gummo”や“Kooda”のヒットで人気となっている6ix9ineが、ロサンゼルス国際空港の道路で、殴り合いの喧嘩を行った。

目撃者のうちのひとりが、その殴り合いの一部始終をInstagramに投稿している。黒いセダンから降りてきた2人の男性が、6ix9ineのクルーメンバーと幾度か言葉を交わした末、殴り合いの大喧嘩になっている。

 

これを受け、6ix9ineはすぐさま自分のInstagramに「この喧嘩は、もうすぐリリースされる彼のデビューミックステープ『Day69』のいいプロモーションになった」と投稿している。

最初男達が6ix9ineに喧嘩を仕掛けようとしたというふうにオンラインで出回っていたが、投稿された映像をよく見てみると、実際には6ix9ineは1番初めのパンチが振るわれたときにその場にはいなかったようだ。6ix9ineも含む、全員の中の誰が喧嘩を始めたかにかかわらず、彼らは全員同じくらい殴っているようだ。空港の中にもどる際には皆、無傷で済んでいるように見える。

警察は6ix9ineとそのクルーに、空港に戻る前に事情聴取をしたようで、伝えられるところによると警察は喧嘩を始めた男達が乗っていた車のナンバーを入手したそうだ。そして6ix9ineはこの喧嘩で自身はひるんだり、心を乱されたりはしていないとTMZに伝えている。「俺はずっと笑顔だよ、なぜならこの喧嘩は俺にとって面白いことだったからね」と6ix9ineはコメントしている。

そして一週間後、6ix9ineはこれまた最近人気のラッパーTrippie Reddとインスタグラム上でギャングの関係性について罵り合いをしている。

この数ヶ月間は6ix9ineにとって難しいものとなった。つい先日彼は幼い少女と淫行をはたらいた容疑で逮捕され、GED(日本で言う高卒試験)に合格せねばならなくなった。そして今年が彼にとってGEDに合格する最後のチャンスの年なのだ。

にもかかわらず、6ix9ineの人気は相変わらず上昇しているうえに、彼のヒットシングル“Gummo”は先月ゴールドディスクに認定されている。
今後もこの話題が尽きないラッパー“6ix9ine”に注目である。

RELATED

PnB Rockが今後一切6ix9ineの楽曲を聴かないと宣言

先日、ニューアルバム『TrapStar Turnt PopStar』をリリースしたPnB Rock。以前には、自身が現在のヒップホップシーンでソングライターとして5本の指に入ると発言し話題を呼んだ彼だが、そんな彼が今回、自身のTwitterにて今後一切6ix9ineの楽曲を聴かないことを宣言した。

6ix9ineの共同被告人11人の内7人が罪を認め減刑への期待が高まる

昨年11月に9つの罪で逮捕され、自身の所属するギャング「Nine Trey Blood Gang」の仲間を売った事で減刑される方向へと進んでいる6ix9ine。そんな彼と共に逮捕され、共同被告人となっている11人の内、7人が現時点で罪を認めている。

6ix9ineを世に出したスロバキアのレーベル「FCK THEM」の創設者が彼との関係やビジネスの戦略について語る

昨年より発覚した9つの罪によって未だに拘留を受け続けている6ix9ine。そんな彼のヒットのきっかけとなったシングル“GUMMO”のMVを世に出し、キャリアの初期からサポートを行ってきたスロバキアのレーベル「FCK THEM」の創設者が、いかにして6ix9ineと共にビジネスを行ってきたかについて語っている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。