ミュージック・マガジン3月号で「三浦大知」と「アジアのヒップホップ最前線」を特集

ミュージックマガジンが本日発売された3月号で三浦大知とアジアのヒップホップ最前線を特集している。

三浦大知の特集は初のベスト・アルバム『BEST』をリリースしたばかりの、三浦のロングインタビューや、2005年からはソロとして着実に歩みを進める彼のディスコグラフィーなどを掲載。卓越した歌唱力と圧倒的なダンスでオリジナルの地位を築いた三浦の魅力に迫る。

また「アジアのヒップホップ最前線」特集では、先日中国で話題になったラップ禁止令の実情を伝える記事や、ライターの大石始による国を横断してシーンができつつあるアジアのヒップホップシーンについての総論やディスクレビューなどを掲載する。

他にも1月に他界したラッパーECDの石田昌隆による追悼記事や、来日公演を行ったJamila Woodsのインタビューなども掲載している。

Info

MM201803-rgb600

ミュージック・マガジン
2018年3月号

定価823円(本体762円)/A5判192ページ/2018年3月1日発行[雑誌08479-3]

【特集】 三浦大知

■ ロング・インタヴュー〜「いまカッコイイもの、それを超えた音楽を作ろうぜ」って考えて作るのが楽しい(川口真紀)
■ シンガーとしてもダンサーとしても一級品のエンターテイナー、その足跡を追う(小山守)
■ アルバム・ディスコグラフィ(猪又孝)

【特集】 アジアのヒップホップ最前線

■ 国・言語を超えた繋がりを見せるアジアン・ヒップホップ(大石始)
■ 中国“ラップ禁止令”の裏側で(山本佳奈子)
■ アジアのヒップホップのいまがわかる9枚(大石始、鳥居咲子、和田哲郎)
□ 追悼 ECD〜生活者のリアルな表現を貫いたラッパー/文筆家(石田昌隆)
□ 浅井健一 & THE INTERCHANGE KILLS(小野島大)
□ ジューシィ・フルーツ(池上尚志)
□ トレイシー・ソーン(保科好宏)
□ エヴリシング・イズ・レコーデッド(原雅明)
□ ジャミーラ・ウッズ(渡辺志保)
□ “エンケン祭り”リポート(小山守)
□ 細野晴臣〜台湾公演リポート(松永良平)
□ 一十三十一(石川真男)
□ Darjeeling/高野寛(萩原健太)
□ 対談:Taiko Super Kicks×本日休演(村尾泰郎)
□ SAKA-SAMA(高岡洋詞)
Front Line
◇ ジャスティン・ティンバーレイク
◇ MGMT
◇ ベル・アンド・セバスチャン
◇ メロディ・ガルドー
◇ ザ・ブリーダーズ
◇ ナサニエル・レイトリフ・アンド・ザ・ナイト・スウェッツ
◇ 挾間美帆/メトロポール・オーケストラ・ビッグバンド
◇ ART-SCHOOL
◇ 武藤昭平withウエノコウジ
◇ 優河
◇ Moon
REGULAR CONTENTS
◆アルバム・ピックアップ……注目の新作をじっくり批評。
Justin Timberlake/Tracey Thorn/Everything Is Recorded/MGMT/Bell & Sebastian/中田ヤスタカ/Seun Kuti & Egypt 80/遠藤賢司 ほか
◆クロス・レヴュー……4人の評者が採点評価で誌上バトル!
◆アルバム・レヴュー/ヴィデオ・レヴュー……洋楽・邦楽の最新リリース200〜300タイトルを鋭い評文とともに10点満点で採点。音楽ライフの頼れる味方!
◆輸入盤紹介……世界各国あらゆるジャンルの注目作を詳細にいち早く!
Inara George/First Aid Kit/Jim James/Tune-Yards/Chris Thile/Keyshia Cole/Netsanet Melesse/A-mei(張惠妹) ほか
◆[連載]安田謙一のこれがヒットか!?/吉田豪のアイドル・マスター!/萩原健太のコンパクト・ディスカヴァリー/今月のDownload(新田晋平)
◆国内外の音楽関連ニュース/ライヴ、本、映画の本格的レヴュー/コンサート情報など

related

ストリートカルチャーマガジン『DAWN』がコロナ禍の特別号を発売 | Mars89、マヒトゥ・ザ・ピーポーなども登場し、Seihoや、佐久間裕美子、荏開津広も寄稿

インディペンデントのストリートカルチャーマガジンとして、昨年11月に発刊し即完売となった『DAWN』が『DAWN N°1.5 Survival Issue』を8/22(土)に発売する。

ファッション雑誌『STUDY』がリモートで制作した最新号『STUDY7.3』と髙橋恭司の写真集『ハレルヤ』をデジタルで無料配布

ファッション雑誌『STUDY』が外出自粛期間中にリモートで制作した最新号『STUDY7.3』と、昨年から制作中だった髙橋恭司の写真集『ハレルヤ』を本日6/2(火)にデジタルで無料配布した。

スチャダラパーによるインディーズ雑誌『余談』の最新号が発売 | RHYMESTERや藤原ヒロシ、やけのはらなどが登場

スチャダラパーが編集人を務める不定期刊のインディーズ雑誌『余談』の10号目が、5/22(金)にオンラインで発売される。 2010年から年一回発行のペースで発刊されてきた『余談』は、スチャダラパーが好きな人に会い、好きな人に漫画や原稿を書いてもらい、ただただ余談を繰り広げ、ITで5Gな世の中に抗...

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。