Cardi Bが「アメリカを動かしているのはマイノリティの人々だ」と語る

ファッションマガジン『i-D』のインタビューにCardi Bが登場。「アメリカを動かすのはマイノリティの人々だ」と語った。

ロンドン発のファッションカルチャー誌『i-D』のインタビューにCardi Bが登場。フェミニズムの重要性や社会格差などの問題について言及。彼女は「マイノリティの人々が成功することをアメリカの中流階級が恐れている」と述べた。

若いラテンアメリカ系の女性であり、過去にはストリッパーをしていたこともあるCardi B。そんな彼女が、現在はチャート1位に輝き、2500万人のフォロワー持っている。同インタビューで彼女は「私のような人間が成功することを人々は恐れている。だから私達を卑下する」と発言した。「マイノリティの持つ知恵が怖いんだ。何度も私たちはルールを壊してきたからね」とのこと。

今、メインストリームに一番大きな影響を与えているのは、ヒップホップと、黒人などの有色人種であるとCardi Bは主張。「アメリカの音楽チャートを常に見てるよ。ヒップホップはいつもそこにある。私達が音楽業界を支配している」と指摘。そして「ファッションの世界も支配している。ファッションショーで歩く白人の女からファッションが生まれるならどうでもいい。みんな本当に欲しがるのは、有色人種が着た瞬間だ。私達が常に影響を与えてきた」と言及。音楽業界もファッション業界も白人ではなく、黒人を始めとする有色人種が動かしてきたのだとCardi Bは語った。

マイノリティには国を動かす力があるが、トランプ大統領や共和党支持者がマイノリティにそう思わせないようにしているとCardi Bは考えているようだ。「ドナルド・トランプのような人間は、いつも私達に力が無いと思わせようとしてくる」と彼女は嘆くが、「でも大丈夫。私のような女は本当のことを分かっているから。政府や共和党が私達には何も無いと思わせてくるが、私たちには必ずある。私達が全てを動かす。私達が影響を与える」とマイノリティの人々に対してメッセージを送った。

これまでも度々、恐れること無く社会問題について言及してきたCardi B。先日、国歌斉唱を拒否し追放されたアメフト選手を支持する発言もしている。

RELATED

「Nicki Minajとの仲直りはあるか?」と尋ねられたCardi Bが沈黙のまま不敵な笑みを浮かべ続ける

今月12日に開催されたイベントSwisher Sweets Artist ProjectでVarietyがCardi Bに対してインタビューを行った。その中でインタビュアーは、去年からビーフ状態にあるNicki Minajとの関係に踏み込んだそうだ。

Cardi Bが「ここ2年間自分が自分じゃなかった気がして悲しい」と語る

今やアメリカの音楽シーンを代表するスーパースターとなったCardi B。チャート上の記録も数多く打ち立て絶好調とも言えるキャリアを歩んでいる彼女だが、スターでいることに苦しみも抱えているようだ。

Cardi Bが自身のキャッチフレーズ「Okurrr!」を商標登録へ

Jay-Zならば「Hov!」、Lil Pumpならば「Eskeetit!」など今も昔も人気ラッパーは自身のトレードマークともいえるキャッチフレーズを持っていることが多い。また、そのキャッチフレーズはリスナーに自身を印象づける強力な武器にもなる。今では大人気フィメールラッパーとしての地位を確立したCardi Bも「Okurrr!」という特徴的なキャッチフレーズを持っているが、そんな彼女が「Okurrr!」を商標登録しようと動いているようだ。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。