DINARY DELTA FORCEのDUSTY HUSKYが2年半振りのソロアルバムをリリースへ

DINARY DELTA FORCEは昨年新作をリリースし、今月初の東京でのワンマンライブも開催する。

ノリにノるグループからフロントマンのDUSTY HUSKYが2年半振りのソロアルバムをリリースすることが決定した。

DUSTY HUSKYの新作タイトルである『WHY NOT』とは、自身が訪れたタイの南部の孤島で出会った友人の口グセ"あたりまえじゃないか"、"気にするな"と言った意味以外にもその土地のスラングを数多く含んだ言葉で、仲間以外には使用しない言葉だ。

本作は自身の仲間に向けて制作されたものでありつつも、タイから始まりラオス、インドネシア、マレーシア、香港から広州、台湾、韓国、はたまた千葉のジャングルなど世界各地で制作された。

アルバムの大半のビートを手掛けたのは、新たな出会いとなった福岡からDJ GQ、残りはD.L.I.P.からNAGMATICと自身が手掛け、BRAND NUBIANからSADAT X、韓国のJAZZアーティスト:LAZY KUMA(SAX)やDLIPの面々が参加している。

Info

ARTIST : DUSTY HUSKY (ダスティーハスキー)
TITLE : WHY NOT (ワイ・ノット)
LABEL : DLiP RECORDS
発売日 : 2018年03月21日(水)
CAT NO. : DLIP-0050
FORMAT : CD
価格 : \2,315(税抜)

収録内容: 全13曲収録予定
feat.
SADAT X [BRAND NUBIAN]
D.L.I.P. MCs
& MORE...

Track Produced by
DJ GQ [THE HOODLUM]
NAGMATIC
DUSTY HUSKY

「EVERYONE D.D.D. LIVE '18」
会場名: 代官山UNIT
日: 2018年2月17日(土)
開場時間(OPEN): 17:30 / 開演時間(START): 19:00
出演者: DINARY DELTA FORCE & D.L.i.P.、DJ KENTA、DJ URUMA、DJ R-MAN
一般前売り: ¥3,000+¥500 / 1D
当日: ¥3,500 + ¥500 / 1D
特典(12”)付き前売り: ¥4,500 + ¥500 / 1D

チケット取扱店舗
①通常前売り、特典付き前売り
ぴあ: 【通常】103-809 【特典付】103-810
LAWSON: 【通常】74996 【特典付】75824
e+
D.L.i.P. online

②通常前売りのみ
diskunion 渋谷 CLUB MUSIC SHOP
diskunion 新宿 CLUB MUSIC SHOP
diskunion 下北沢 CLUB MUSIC SHOP
diskunion 吉祥寺 CLUB MUSIC SHOP
MANHATTAN RECORDS
JET SET TOKYO

related

DUSTY HUSKYの3rdアルバム『股旅』がデジタルリリース | 収録曲"Gub To Kub"のミュージックビデオも公開

昨年末、LPレコードとして発売され即完売となったDUSTY HUSKYの3rdアルバム『股旅』が、明日1/27(水)にデジタルリリースされることになった。

DUSTY HUSKYの3rdアルバム『股旅』からJAMBO LACQUERを迎えた"ザ・シーズン"のミュージックビデオ

DUSTY HUSKYが今月リリースする3rdアルバム『股旅』から、大阪のWARAJI Crewの一員であるJAMBO LACQUERを迎えた"ザ・シーズン"のミュージックビデオが公開となった。

タイに2年間拠点を置いていたDUSTY HUSKYの3rdアルバム『股旅』がリリース

地元・藤沢を拠点にDLiP RECORDSを運営し2枚のソロアルバムやDINARY DELTA FORCEとして3枚のアルバムなどリリースを重ねてきたDUSTY HUSKY。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。