50 Centが最新アルバムをビットコインで購入可能にしていたことで大儲け

昨年初め、自己破産を申告した50 Cent。それが今では仮想通貨によって何百万ドルものアルバム収益を得たという。

TMZによると、50 Centは2014年にリリースしたアルバム『Animal Ambition』を、ラッパーでは初となるビットコインでの購入を可能にしていた。現在50 Centのアカウントは、1コイン当たり約1万1千ドルの価値があるビットコインを保有している。そこには全部で700ビットコインが貯蓄されており、ドル換算にすると700万ドル以上の価値があるという。

最近、何かと話題のビットコイン。ビットコイントとは、P2P技術とブロックチェーン技術を用いた仮想通貨の一種で、最先端のトピックスだ。ビットコインの価格については値動きの関係上、ニュース作成時から大きく変わっている場合がある。TMZによると、50 Centは、リリース当時の1ビットコイン当たり662ドルの価値があり、それにより50 Cent約46万3千$の収益を受け取っていた。

 

 

https://www.instagram.com/p/BeTjTI2l-LO/?utm_source=ig_embed&utm_campaign=embed_ufi

 

ビットコインはここ数週間低迷気味。しかし、50 Centは、笑顔で画面に映った金額を数えているだろう。

related

Rick Rossが50Centとコラボしたいかという質問に対し「今もまだドープなら」コラボすると答える

Rick RossはBig Boy’s Neighborhoodに出演し、彼の新作『Port of MiamiⅡ』に関して語った。その中でRossは、50Centとコラボするならどうするかという質問を投げ掛られ、50が2019年でも魅力があるのかどうかについて悩む一幕があったそうだ。

2PacやEminem、50 Centなどのマスターレコードが2008年の火災により焼失していたことが判明

今から11年前の2008年6月、アメリカはカリフォルニア州ロサンゼルス北部にあるUniversal Studios Hollywoodで大規模な火災が起こった。『Back to the Future』や『宇宙戦争』などで使われたセットをはじめ、ビデオテープや映画フィルムを収蔵する倉庫1棟が全焼するなどの被害に見舞われたUniversal Studios Hollywoodだが、実はこの火災により、多くの著名アーティストのマスターレコードが焼失していたことが明らかになった。

デート中に売名目的で絡まれた50 Centが冷静に男を諭す

今月5日に50 Centが、ニュージャージー出身のNFL Dumeというラッパーに絡まれた動画を自身のInstagram上に投稿した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。