ラッパーのFredo Santanaが27歳で死去 | 自宅で倒れているのが発見される

シカゴ生まれのラッパーで従兄弟のChief Keefなどと共に、いわゆるドリルシーンを作り上げたFredo Santanaが死去した。27歳だった。

TMZによればFredo Santanaは、現在の拠点にしていLAの自宅で発作を起こし亡くなっているのを、ガールフレンドが発見した。

Fredoはリーンの多用による腎不全や肝不全を患っており、リーンを止めるとファンに対しても発表していたが、すでにその体は蝕まれていた。

現在の若手ラッパーにも大きな影響を与えているシカゴドリルシーンの中で、FredoはChief Keefなどと共に活動し、『Fredo Kruger』や『It's a Scary Site』などのミックステープをリリース、現在は新作『Walking Legend 2』に取り掛かっているところだった。

Chief Keefは4年間でBlood Money、Capo、そしてFredoと3人の従兄弟を失ったことになる。

related

Chief KeefとMike WiLL Made-Itによるコラボアルバムがリリースへ | 先行シングル"Bang Bang"を発表

先日25歳の誕生日を迎えたばかりのChief Keefと、2010年代を代表するプロデューサーの1人であるMike WiLL Made-Itがコラボアルバムをリリースすると発表した。

【特集】ラップとゲームを巡る14の出来事

人気ゲーム『フォートナイト』上で開催され、全世界から1000万人以上のアクセスを集めたTravis Scottによるライブイベント『Astronomical』。

Chief Keefと遭遇しテンションが上がったファンが火の点いたブラントをそのまま食べる

誰しも好きなアーティストとたまたま出会った際にはテンションが上がるものだが、中にはアーティストを驚かせようと奇行に及ぶファンもいるようだ。 XXLによると、今週月曜日にInstagramにアップされた動画の中で、Chief Keefのファンが本人の前で驚くべき技術を披露したという。 ...

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。