mouse on the keysが『Sónar Hong Kong 2018』に出演決定

スペインのバルセロナでスタートした音楽フェス『Sónar』は、アート、テクノロジーも融合した内容で、スペインだけではなく日本でも以前開催されるなど高い評価を受けてきた。

昨年から新たにスタートした『Sónar Hong Kong』が、今年も開催されることが発表され、日本からmouse on the keysの出演がアナウンスされた。

昨年の第一回目には真鍋大度が出演し、話題となったが今年は安藤忠雄建築とのコラボライブなど、独自の活動を続けるmouse on the keysが出演することになった。日本人のバンドとして初の出演となる。

『Sónar Hong Kong 2018』では他にはMount Kimbieや、Lauel Halo、The Black Madonna、Malaなど世界の気鋭エレクトロニックミュージックアクトが出演する。

1STROUND-ANNOUNCEMENT-V2

<Sónar Hong Kong 2018 公式サイト>

https://sonarhongkong.com/

 

 

related

mouse on the keysがWALL&WALLでのライヴを開催 | Opus Innとあら恋の池永正二が共演

今年5月に3rdアルバム『tres』をリリースし、11月にはTERA MELOSとのアメリカツアーも行うmouse on the keys。国内外で精力的な活動を行う彼らが、12/9(日)に東京・表参道WALL&WALLでのライヴを開催する。

mouse on the keysがサードアルバム『tres』を5月にリリース決定

mouse on the keysは、昨年自主レーベルfractrecを始動し、初となるアメリカ・ツアーは、ロサンゼルス、シアトル、フィラデルフィアで完売。『フジロックフェスティバル‘17』にも出演し、国立新美術館で開催された『安藤忠雄展―挑戦―』のインスタレーションの音楽制作を手掛けるなど、多角的な活動を行ってきた。

mouse on the keysが安藤忠雄建築とコラボしたライブ映像を公開

mouse on the keysは11/30に渋谷WWW Xで自主企画ワンマンライブ『FRACTREGION Vol. 1』を開催、建築家・安藤忠雄のデザインした建築の写真や平⾯ドローイング画を使⽤した映像演出をバックに、幻想的な演奏を披露した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。