THE NERDYSの2018 SS LOOKBOOK | ダイアン・キートンとウディ・アレンがテーマに

THE NERDYSの2018 SSのLOOKBOOKが公開となった。

THE NERDYSは音楽にドップリハマった人々のユニフォームをイメージして作られたブランド。今季はレディースはダイアン・キートン、メンズはウディ・アレンをイメージしてデザインされている。

ウディ・アレンがメガホンをとり、ダイアン・キートンの代表作となった映画『アニー・ホール』(1977)。メンズサイズのパンツにベスト、そして「ラルフ ローレン」のネクタイを締めたスタイルは、“アニー・ホール・ルック”として当時大流行した。彼女は天才なんだから、彼女が着たいものを着せよう」と、ウディもダイアンには全幅の信頼を寄せており、今回はそんな2人がイメージされたLOOKとなっている。

THE NERDYS
<問い合わせ先> BIN (ビン)
<ADD> 〒153-0042 東京都目黒区青葉台1-9-6
<TEL> 03-6416-0634

related

音楽、アートなどをバックボーンに持つクリエイティブチームVCWの2018 LOOKBOOK

音楽、アート、グラフィティといったカルチャーをバックボーンに持つクリエイティブチームVCWのアパレルラインの最新LOOKが公開された。

NOWHAWの2018 SSパジャマコレクション | 架空の健康ランドの館内着などがラインナップ

パジャマメーカーのNOWHAWが、2018 SSパジャマコレクションを発表した。

LOOPY HOTELが映画や音楽にオマージュを捧げた2018SSの1stコレクション

LOOPY HOTELが2018SSのコレクションから、第1弾となるアイテムを本日オンラインストアでリリースした。

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。