2017 Best Or Worst by 曽我部恵一

2017年も音楽、ファッション、それぞれのシーンの内外で様々なトピックが生まれた1年だったのは間違いなし。そんな1年をFNMNLに振り返る企画『2017 Best Or Worst』。アーティストやデザイナー、ショップオーナーなど様々なジャンルで活躍する方々に、個人的なベスト、もしくはワースト、もしくはその両方をピックアップしてもらい激動の2017年を回顧する。

6月に全22曲・85分からなるサニーデイ・サービスの最新アルバム『Popcorn Ballads』をストリーミングのみでリリースし、2月25日には、配信時の収録内容から大幅に改訂された全25曲のダブルアルバムとしてフィジカル(CD・LP)を発売した曽我部恵一の2017年のベストは?

2017 Best by 曽我部恵一

NENE

 
台風クラブ

コメント
NENEも言ってるように、古いものが新しい…。逆もまたしかり。

来年の告知
来年も遊びたおします。楽しみましょー!

曽我部恵一(サニーデイ・サービス)

SOKABEKEIICHIa-syaNEW

1971年生まれ、香川県出身。
1994年、サニーデイ・サービスのボーカリスト/ギタリストとしてメジャーデビュー。
2001年よりソロとしての活動をスタート。
2004年、メジャーレコード会社から独立し、東京・下北沢に<ローズ・レコーズ>を設立。
精力的なライブ活動と作品リリースを続け、執筆、CM・映画音楽制作、プロデュースワーク、DJなど、多岐に渡って活動を展開中。
2017年6月、全22曲・85分からなるサニーデイ・サービスの最新アルバム『Popcorn Ballads』をApple Music、Spotifyにてストリーミング配信スタート。12月25日には、配信時の収録内容から大幅に改訂された全25曲のダブルアルバムとしてフィジカル(CD・LP)が発売。
サニーデイ・サービス 結成25周年の総決算として、サニーデイ・サービスと北沢夏音の共著『青春狂走曲』がスタンド・ブックスより発売中。
http://www.sokabekeiichi.com

related

サニーデイ・サービスと曽我部恵一の新作が2ヶ月連続リリース

サニーデイ・サービスとメンバーの曽我部恵一の新作が11月と12月に2ヶ月連続リリースされる。

『夏の魔物SPECIAL MAMONOISM』の第二弾にDaichi Yamamoto、Dos Monos、田島貴男(ORIGINAL LOVE)、曽我部恵一などの出演が決定

幕張メッセイベントホールにて10/24(土)と10/25(日)の2日間開催される『夏の魔物』による新シリーズ『夏の魔物SPECIAL MAMONOISM』の第2弾出演アーティストが発表となった。

SIGEMARUのソロアルバム『EGOTO』から曽我部恵一の楽曲をリミックスした"文学 Remix feat. Meiso & DJ REiZ"のミュージックビデオが公開

MGFのメンバーであるSIGEMARUのソロアルバム『EGOTO』から、曽我部恵一の楽曲をリミックスした"文学 Remix feat. Meiso & DJ REiZ"のミュージックビデオが公開となった。

most popular

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。