2017 Best Or Worst by Akeem The Dream

早いもので2017年も、もう12月。今年も音楽、ファッション、それぞれのシーンの内外で様々なトピックが生まれた1年だったのは間違いなし。そんな1年をFNMNLに振り返る企画『2017 Best Or Worst』。アーティストやデザイナー、ショップオーナーなど様々なジャンルで活躍する方々に、個人的なベスト、もしくはワースト、もしくはその両方をピックアップしてもらい激動の2017年を回顧する。

原宿次男坊、ヒップホップ愛好家、デザイナー、コーディネーターなど様々な顔を持つAkeem The Dreamによる今年感動した本ベスト5

2017 Best by Akeem The Dream

今年感動した本 Best 5

1.『DEFINITION OF DOWN My Life with Ice T & the Birth of Hip Hop』by Darlene Ortiz & Heidi Cuda

darlene_cover_mockup01

コメント

Ice Tのレコジャケでおなじみのモデル兼Ice Tの最初の奥さんダーリーンによる自伝。Iceをサポートしながらヒップホップカルチャーに貢献し続けたヒップホップのファーストレディ、ダーリーンのあげまんに感動。

2. 『LO-LIFE An American Classic』by George “Rack-Lo” Billips and Jackson Blount

41Vs4i5qrPL._SY371_BO1,204,203,200_

コメント
NYネイティヴ窃盗クルーLo-Life’s のメンバーによる証言やエピソード、写真が満載。グラフィティライター達の生活や冒険にも負けない面白いエピソードや世界が広がる。
3. 『TRACKER Forty Years of Skateboarding History』by Larry Balma

TT_DetailPageImage_TrBook_1

コメント
アイコニックなIndependent社とスケートボード用トラック市場を二分していたTracker社の歴史とスケートボーディングカルチャーの歴史を並走させながら見せてくれる貴重な内容。

4. 『ANGER IS AN ENERGY MY LIFE UNCENSORED』by John Lydon

merch-anger-jap-222x321

コメント

一回読み出したら最後。

5. 『いまモリッシーを聴くということ』by ブレイディみかこ

cover_h1

コメント

社会背景をイメージしながらイギリス国民目線でモリッシーを聴く感覚を教えてくれる。

Akeem The Dream

Face

原宿次男坊、ヒップホップ愛好家、デザイナー、コーディネーター、スタイリスト、コラムニスト、翻訳家、ライフスタイルコーチ。

related

ベストサマーチューン 2018 Selected by Akeem the Dream

FNMNLの夏の恒例企画『ベストサマーチューン』。アーティストやブランドデザイナー、ショップオーナーなどの方々が、思い思いの2018年の夏の1曲をピックアップ。暑すぎる今年の夏のお供に選ばれるのは、一体どんな楽曲たち?

2017 Best Or Worst by ANI(スチャダラパー)

2017年も音楽、ファッション、それぞれのシーンの内外で様々なトピックが生まれた1年だったのは間違いなし。そんな1年をFNMNLに振り返る企画『2017 Best Or Worst』。アーティストやデザイナー、ショップオーナーなど様々なジャンルで活躍する方々に、個人的なベスト、もしくはワースト、もしくはその両方をピックアップしてもらい激動の2017年を回顧する。

2017 Best Or Worst by Giorgio Blaise Givvn

2017年も音楽、ファッション、それぞれのシーンの内外で様々なトピックが生まれた1年だったのは間違いなし。そんな1年をFNMNLに振り返る企画『2017 Best Or Worst』。アーティストやデザイナー、ショップオーナーなど様々なジャンルで活躍する方々に、個人的なベスト、もしくはワースト、もしくはその両方をピックアップしてもらい激動の2017年を回顧する。

most popular

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。