インターネット時代屈指のディガーRyan Hemsworthが最近お気に入りの10曲

カナダ出身のDJ・プロデューサーで、日本でも高い注目を集めているRyan Hemsworthの来日公演が、今週末12/9に東京・代官山Unitで開催される。

Ryanといえば先日は韓国のR&Bオンリーのミックスを公開したりと、様々なジャンルに触手を伸ばす、インターネット時代のディガーとしても知られている。

ということでFNMNLでは、Ryanに最近のお気に入りの曲10曲をピックアップしてもらった。Ryanらしい幅広いジャンルからのピックアップ、直前に迫る来日公演の予習にどうぞ。

記事協力 : 渡辺志保

1. Tennyson - "Pancake Feet"

コメント

ドクター・スース(アメリカの絵本作家)の本を書き起こして3分の曲に仕立て上げたみたい。

2. Rico Nasty - "Key Lime OG"

コメント

Rico Nastyに殺されたい。

3. Arthur - "Scared"

コメント

この曲がどうなっていて、どこがサンプリングで、どこがサンプリングされていないのか分からないんだけど、そんなことはどうでもいいよね。

4. Gokou Kuyt - "G L A R E 霓虹 feat. Sleet Mage"

コメント

滝っぽい曲。

5. Soft Glas - "The Bay feat. Mulherin"

コメント

バターみたいだ。

6. Marco Mckinnis - "How I Feel"

コメント

マルコは、現代において一番古いソウルを歌える存在。スペシャルな歌声。

7. Phoebe Bridgers - "Funeral"

コメント

今年、最も悲しかった曲トップ3に入る曲。

8. thatshymn - "Nothing Like Me"

コメント

2017年にCraig DavidがOVOと契約したらどうなるか?みたいな曲だから好き。これは褒め言葉だよ。

9. pH-1 - "Game Night"

コメント

pH-1はJay Parkのレーベル、H1GHR Musicで活動してるアーティスト。このEPはpop/R&Bの完成形って感じがする。3、4分の曲なんだけど、聴いてすぐにヤられた。この曲は僕のフェイヴァリットで、コンセプト、そしてキッド・カディ"Day N Night"をこんな風にアレンジしてるのがいい。

10. SK - "Ose"

コメント

SKはロンドンを拠点にしていて、アフロ・ポップ・シーンで急速にその名前が聞かれるようになったアーティスト。この曲のプロダクションはとても温かい感じだし、SKの歌もハッピーな気分になれる。これをプレイするとサマータイムって感じになるよ。

Info

1209ryan_unitA5RGB2 [復元]
RYAN HEMSWORTH
Date:
2017.12.09 (SAT)
Venue:
DAIKANYAMA UNIT/SALOON
Line up:
Ryan Hemsworth
Surkin (Gener8ion)
okadada
YonYon
OPEN/START: 23:00
ADV.: 3,000yen DOOR:3,500yen
20歳未満の入場不可。要顔写真付ID
前売りチケット: 2017年11月18日(土)〜発売
OUTLETS : PIA(P:100-814),  LAWSON(L:74916), e+, DISK UNION渋谷CLUB MUSIC SHOP, DISK UNION新宿CLUB MUSIC SHOP, DISK UNION下北沢CLUB MUSIC SHOP, DISK UNION吉祥寺, JET SET TOKYO
問)UNIT: 03-5459-8630

related

ゆるふわギャングとRyan Hemsworthのコラボ作から"No Visa"のミュージックビデオが公開

ゆるふわギャングとRyan Hemsworthが3月にリリースしたジョイント作『CIRCUS CIRCUS』から、"No Visa"のミュージックビデオが公開となった。

Ryan Hemsworthが水曜日のカンパネラのコムアイとのコラボ曲"Tiny Tea Room"を本日リリース

今年はゆるふわギャングとのコラボ作『CIRCUS CIRCUS』も話題となったカナダのプロデューサーRyan Hemsworth、新たに自身のレーベルSecret Songsから水曜日のカンパネラのコムアイとの新曲"Tiny Tea Room"をリリースした。

ゆるふわギャングとRyan Hemsworthのジョイント作『CIRCUS CIRCUS』がLP化

ゆるふわギャングとカナダのビートメイカーRyan Hemsworthが今年リリースしたジョイント作品『CIRCUS CIRCUS』 が、LPとしてリリースされることになった。

most popular

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。