2017 Best Or Worst by ENDRUN

早いもので2017年も、もう12月。今年も音楽、ファッション、それぞれのシーンの内外で様々なトピックが生まれた1年だったのは間違いなし。そんな1年をFNMNLに振り返る企画『2017 Best Or Worst』。アーティストやデザイナー、ショップオーナーなど様々なジャンルで活躍する方々に、個人的なベスト、もしくはワースト、もしくはその両方をピックアップしてもらい激動の2017年を回顧する。

北大阪在住のビートメイカー・プロデューサーで2016年にアルバム『Oneway』をリリースし、今年はILLNANDES a.k.a. DJ K-FLASHの1stソロアルバム『CZN'PASS』に参加したENDRUNの2017年のベストとワーストは?

2017 Best by ENDRUN

KOREAでDJ。プルコギ、サムギョプサル、サムゲタン。

2017 Worst by ENDRUN

R.I.P. Prodigy

コメント

次のステージにいくためにやることが見えた1年でした!曲はEvidence - "Throw It All Away"とかもよく聴いてました。

来年に向けての告知

ILLNANDES&ENDRUN 『CZN' PASS』のLP
Psycho Patchのリミックスアルバム

ENDRUN

_DSC2092

プロフィール

S58年生まれ。北大阪在住のBEATMAKER/PRODUCER。Killer Beats Theory。
グルーヴ重視のシーケンスで街ごと揺らすBUDS REDISTANCE。
99~2000年にレコードと出会い2003年頃よりサンプリング開始。多数のMCとのJOINT、REMIX WORD、SKATE VIDEOへの楽曲提供を経て、オリジナルビートのみのDJ/BEATLIVEとして各地のサウンドシステムを唸らし始めた2016年より、さらに活動の幅を広げ全国の猛者とリンクし続ける。自身名義のフルプロデュースアルバム2013年"KEEP YA HEAD UP"、2016年"ONEWAY” 2017年、近年共に活動するPSYCHO PATCHよりMIC ILLNANDES a.k.a. DJ K-FLASHの1stソロアルバム『CZN'PASS』発表後も絶え間なくcreativityに時間を費やす。

RELATED

ENDRUN主導のセッションアルバム『innervision』からWillowが参加した“New Birth"のミュージックビデオ

大阪在住のDJ/ビートメイカーENDRUNが主導するビートセッション・アルバム『innervision』から、Willowをフィーチャーした“New Birth"のミュージックビデオが公開となった。

ENDRUNの新作『Innervision』のリリースパーティが開催 | MONJUやBudaMunk、Aaron Choulai、Fitz Ambro$eなどが出演

大阪在住のDJ/ビートメイカー、ENDRUNが主導し、ビートメイカーたちと作り上げたセッション・アルバム『innervision』が2月末にリリースされたのにあわせて、4/5(金)に恵比寿BaticaでこれまでONRAなどの来日公演を主催してきたPBM street teamによるリリースパーティが...

ENDRUNとビートメイカーたちによるセッション・アルバムのティザーが公開 | Willowが参加した“New Birth"も先行配信開始

大阪在住のDJ/ビートメイカー、ENDRUNが主導し、ビートメイカーたちと作り上げたセッション・アルバム『innervision』のティザーがSoundCloudで公開された。

MOST POPULAR

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。