2017 Best Or Worst by 環ROY

早いもので2017年も、もう12月。今年も音楽、ファッション、それぞれのシーンの内外で様々なトピックが生まれた1年だったのは間違いなし。そんな1年をFNMNLに振り返る企画『2017 Best Or Worst』がスタートします。アーティストやデザイナー、ショップオーナーなど様々なジャンルで活躍する方々に、個人的なベスト、もしくはワースト、もしくはその両方をピックアップしてもらう。

今年音楽アルバム『なぎ』を発表した環ROYの2017年のベストは?

2017 Best by 環ROY

. お陰様で、子を授かりました。ありがとうございます。 #baby #環ROY

環ROYさん(@tamaki_roy)がシェアした投稿 -

コメント

プロフィール

21372263_116229512417217_5117379784300560384_n

環ROY

1981年生まれ。ラッパー。2017年に音楽アルバム『なぎ』を発表。

related

環ROY"Rothko”のratiffによるリミックスがリリース

環ROYが全てのラップ、ビートメイキングを独力でおこない、完全セルフ・プロデュースのアルバムとして2020年11月に発表した環ROY『Anyways』。本作の収録曲から気鋭のアーティスト達が自ら選曲、リミックスを制作し『Anyways Remixies』として発表するプロジェクトから、ratiffによる“Rothko”のリミックスがリリースされた。

環ROYと角銅真実がライブパフォーマンスをAmazon Music Japan Channelにて配信

8月4日にリリースした“憧れ (角銅真実 Remix)”も話題となっている環ROYと角銅真実が、二人では初となる生演奏でのライブパフォーマンスを9月8日(水)にAmazon Music Japan Channelにて配信する。

環ROYが“Flowers (冥丁 Remix)”をリリース

環ROYが全てのラップ、ビートメイキングを独力でおこない、完全セルフ・プロデュースのアルバムとして2020年11月に発表した環ROY『Anyways』。本作の収録曲から気鋭のアーティスト達が自ら選曲、リミックスを制作し『Anyways Remixies』として発表するプロジェクトから、冥丁による“Flowers”のリミックスがリリースされた。

most popular

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。