映像作家Vincent Moonの来日イベントが東京・京都で開催 | 青葉市子、テニスコーツ、YoshimiOなどが共演

アーケイド・ファイアやREM、PHOENIX、二階堂和美など世界中のアーティストを撮影した『A TAKE AWAY SHOWS』のシリーズでしられる映像作家Vincent Moonが12月に来日、東京と京都でイベントが開催される。

パリ出身のインディペンデントフィルムメーカーであるVincent Moonは手持ちカメラによる生々しい質感と最小限の演出で、音楽のあるべき姿ともいえるイメージを切り出した『A TAKE AWAY SHOWS』のシリーズをVimeoで発表、世界中に衝撃を与えた。

『FOUNDLAND』と題された今回のイベントでは、日本人アーティストとの競演を東京・京都の2都市で開催。京都公演にはYoshimiO(Boredoms / OOIOO)collaBOにオオルタイチと現代美術家 金氏徹平によるプロジェクト、東京公演には青葉市子、テニスコーツ、ASUNAが出演する。

Info

foundland_1112_printdata_cs5

■ FOUNDLAND feat. VINCENT MOON

<京都公演>
2017年12月22日(金)@ UrBANGUILD
19:30 open / 20:00 start
前売 2,500yen / 当日 2,800yen / 学生 1,500yen
(+ドリンク代 600yen)

出演:
Vincent Moon × YoshimiO collaBO
<YoshimiO (Dr. Vo. Syn) , Yo2ro Tatekawa (Dr) , Toshio Bing Kajiwara (Mod Syn.) & Yoko Higashino (Dance)>
オオルタイチ+金氏徹平とザ・コンストラクションズ

予約:http://www.urbanguild.net/ur_schedule/event/1222-fri-foundland

<東京公演>
2017年12月27日(水)@ VACANT
18:30 open / 19:00 start
前売 3,000yen / 当日 3,500yen / 学生 2,000yen
(+ドリンク代 500yen)

出演:
Vincent Moon

テニスコーツ

青葉市子

ASUNA

音響:福岡功訓(Fly sound)

予約:http://foundland.us/archives/1809

イベント詳細:

http://foundland.us/archives/1809

related

存続危機に直面している難波BEARSへのドネーションコンピが十三月よりリリース | GEZANやYPY、青葉市子なども参加

新型コロナウイルスの影響により存続危機に直面している大阪の老舗ライブハウスの難波BEARSへの、ドネーションコンピレーションがGEZANによるレーベル十三月からリリースされる。

オオルタイチと長谷川白紙による2マンライブが電子チケット制の配信ライブに変更

4/11(土)に東京・表参道のWALL&WALLで開催予定だったオオルタイチと長谷川白紙による2マンライブイベントが、新型コロナウィルスの感染拡大に配慮し中止、代わりに同会場より無観客の電子チケット制ライブ配信を開催することになった。

映画『WAVES/ウェイブス』のトレイ・エドワード・シュルツ監督がFrank Ocean、Kanye West、Kendrick Lamarの楽曲をセレクトした理由を語る

4月より公開される話題の映画『WAVES/ウェイブス』。FNMNLのコラムでも紹介されているように、Animal CollectiveやFuck Buttons、Frank Ocean、H.E.R.、Kendrick Lamar、Kanye West、A$AP Rockyなど様々なジャンルの31曲もの楽曲たちが作中の登場人物やシーンが帯びている感情を代弁する役割を果たし、それらの隙間をトレント・レズナーとアッティカス・ロスによるオリジナルスコアが埋めて補完するというこれまでにない音楽と映像の関係を作り上げた作品になっている。

most popular

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。