KIDILLのSS18のLOOKが公開 |写真家デニス・モリスとのコラボレーションでPublic Image Ltdのオフィシャルアイテムなどを展開

末安弘がデザイナーを務めるKIDILLのSS18シーズンのLOOK画像が公開された。

18SSシーズンでは、伝説的な写真家であるデニス・モリスとのコラボレーションにより、UKバンド "Public Image Limited” のオフィシャルアイテムなどを展開。

John Lydonをメインに、PILのバンドに関わる写真を使用したTシャツ、パーカー、シャツ、MA-1ジャケットなど限定数の特別なアイテムを限定発売。"NEW CHAOS"というテーマで表現した80年代のUKカルチャーを、現代の解釈でKIDILL 18SSのコレクションへ落とし込んでいる。

related

音楽、アートなどをバックボーンに持つクリエイティブチームVCWの2018 LOOKBOOK

音楽、アート、グラフィティといったカルチャーをバックボーンに持つクリエイティブチームVCWのアパレルラインの最新LOOKが公開された。

NOWHAWの2018 SSパジャマコレクション | 架空の健康ランドの館内着などがラインナップ

パジャマメーカーのNOWHAWが、2018 SSパジャマコレクションを発表した。

LOOPY HOTELが映画や音楽にオマージュを捧げた2018SSの1stコレクション

LOOPY HOTELが2018SSのコレクションから、第1弾となるアイテムを本日オンラインストアでリリースした。

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。