PUMA Suede50周年企画で創始者のルドルフ・ダスラーに敬意を表するモデルを発表

PUMAの代表的なスニーカーであるSuedeの50周年を祝したモデルとして、先日ラッパーのBig SeanとのコラボモデルやB Boyカルチャーへのオマージュを捧げたモデルなどが発表されているが、新たにPUMAの創始者ルドルフ・ダスラーに敬意を表するモデルを公開した。

1948年に独立し、現存する世界最古のスニーカーブランドであるPUMAを創立したダスラー。そのダスラーのフロンティアスピリッツのもとで、Suedeはそれまでスニーカーの常識で定番であったキャンバスとレザーのコンビであるスタイルを、高品質な素材とグリップの効くソール、そしてプーマラインであるフォームストライプなどで更新した。

17AW_SP_SUEDE-50_Dassler_Studio_10081_4x5_rgb

17AW_SP_SUEDE-50_Dassler_Studio_10073_rgb

17AW_SP_SUEDE-50_Dassler_Studio_10133_rgb

ダスラーに敬意を表して作られた今回のモデルは、ブラックのスウェードにブラックのシューレースを合わせ、アクセントにクリームのアウトソールを採用した上品なデザインは、一際目を引く仕上がり。かかとのサイドに刻まれたプーマの創業当時の最古の流線型のロゴで、貴重なロゴデザイン。

ルドルフ・ダスラー スウェードパックは、高品質なスウェードとブラックレザーとクリームスウェードで作 られたバックパックと一緒に登場、11/16にプーマストア、プーマ オンラインストア、プーマ取り扱いの限定店舗で発売される。

 

related

adidasとHYKEが3年ぶりのコラボレーションでUltraboostなどを発表

adidasがウィメンズブランドのHYKEと2016年シーズン以来となるコラボレーションを発表し、5/27(水)から日本先行販売する。

adidasとPalaceの最新コラボレーションはスケートアイコンLucas Puigの活動20周年を祝したモデル

スポーツパフォーマンスラインで成功を収めた一連のコラボレーションに続き、adidasとPalaceの最新コラボレーションは原点であるスケートボーディングに戻り、 スケートアイコンのLucas Puigとのコレクションを発表。

Reebok eightyoneからINSTAPUMP FURYや夏にむけたアパレルが登場

ファッションブランドVAINL ARCHIVEの大北幸平をデザイナーに迎え、アパレルアイテムを軸にした2020年春夏よりスタートのスペシャルコレクション『Reebok eightyone』から、INSTAPUMP FURYや夏にむけたアパレルが5月8日(金)より順次発売される。

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。