SILASの2017 F/W COLLECTIONのイメージムービーにRyohuが出演

ロンドン発のストリートブランドSILASの2017 F/W COLLECTIONのイメージムービーに、自身初となるEP『Blur』をリリースしたRyohuが出演している。

SILAS_LOGO

 

ムービーの中で使用されている楽曲は『Blur』に収録されている"Feelings"。Ryohuはムービー内でSILASの最新コレクションを着用している。プロデューサーはUG OKAMOTO(CYDERHOUSE)、監督は映像家/美術家として、展示を中心に映像インスタレーションやファッション・フィルムを手がけている中村壮志がつとめた。

 

Info

Blur<J写>

アーティスト:Ryohu(呂布)
タイトル:Blur(ブラー)
品番:LFIW-03
POS:4943566231807
定価:¥2,000+税

1. The More, The Better
2. All in One
3. Shapeless
4. Desserts
5. Feelings (White Bird)
6. Shake
7. Say My Name

iTunes
https://itunes.apple.com/jp/album/id1279593525?app=itunes

Apple Music
https://itunes.apple.com/jp/album/id1279593525?app=music

TOWER RECORDS
http://tower.jp/item/4591081/Blur

Print

12/8 (Fri.) @ Shibuya WWW
OPEN 18:30 / START 19:30
ADV ¥3,000(+1D) / DOOR ¥3,600(+1D)

出演者:
Ryohu (band set)
SIMI LAB

※前売購入者には、Ryohuが選曲をした音源を収録したExclusive Cassette Tape「No Pay No Play」をプレゼント。

10/14(土)〜プレイガイド一般発売
e+
http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P001016

チケットぴあ 【Pコード:347-789】
http://t.pia.jp/
※電話予約あり:0570-02-9999

ローソンチケット 【Lコード:76979】
http://l-tike.com/order/?gLcode=76979
※電話予約なし

渋谷WWW店頭

related

Ryohuが2ndアルバム『Circus』を来週リリース | YONCE、IO、佐藤千亜妃、Jeterなどが参加

KANDYTOWNのメンバーでもあるRyohuが、ソロとしては2年ぶりの2ndアルバム『Circus』を来週9/21(水)にリリースする。

Ryohuが様々なアーティストを客演に招いた楽曲を5ヶ月連続でリリース | 第一弾としてYONCEをフィーチャーした"One Way"を発表

KANDYTOWNの中心メンバーであるラッパーのRyohuが、今月から様々なアーティストを客演に招いた楽曲を5ヶ月連続でリリース。第一弾として盟友YONCE(Suchmos)を客演に招いた"One Way feat. YONCE"を4/6(水)に発表する。

Gottz、Ryohuが書き下ろしたブラックラムズ東京の公式チームソング“WINNING”がリリース

世田谷を拠点に活動するヒップホップクルーKANDYTOWNに所属するラッパーのGottzとRyohuが、同じく世田谷をホストエリアとして活動するラグビーチーム・ブラックラムズ東京の公式チームソング“WINNING”を書き下ろし、本日2022年1月28日にリリースした。また、同楽曲が使用された2022年シーズンにおけるブラックラムズ東京のプロモーションビデオが今夜20:00よりYouTubeにて公開される。

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。