Chance The Rapperは2Pac、Kendrick Lamarはキリストに | ラッパーたちの2017年のハロウィン

今年もハロウィンの渋谷はすごいことになっていたようで、完全にこのイベントが日本にも定着したのを実感させられた。

かたやアメリカでもラッパーたちが思い思いのコスチュームでハロウィンを楽しんでいたようだ。

Chance The Rapperは往年のレジェンド2Pacにガールフレンドと共になりきっている。

かたやBeyonceとJay ZのビッグカップルはLil KimとNotorious B.I.G.になりきっている。ファッション的にも90年代ブームとなっている現在だからこそ、90年代テイストがハロウィンでも流行っているのだろうか。

Don’t break my Wiz. ?❤️

Wiz Khalifaさん(@wizkhalifa)がシェアした投稿 -

他にもWiz Khalifaも90年代テイストのコスチュームに身を包んでいる。

Kendrick Lamar as Jesus Christ.

Only Hip Hop Factsさん(@onlyhiphopfacts)がシェアした投稿 -

Kendrick Lamarはなんとイエス・キリストのコスチューム。絶対的な存在感を誇るKendrickだけにしかできないコスチュームかもしれない。

It's Bruella to you!! #dresstobefree

Cardi B Official IGさん(@iamcardib)がシェアした投稿 -

今年最も勢いのあるCardi Bは『101匹わんちゃん』に登場するクルエラ・ド・ヴィルに扮し、堂々としたたたずまいを見せている。

Swipe left to see my Halloween costume ? @iamcardib

Eric Andreさん(@ericfuckingandre)がシェアした投稿 -

コメディアンのEric AndréはそのCardi Bに扮している。

Heyyyyyy youuuuu guysssss #goonies #funtimes ⚡️⚡️ Rocky Road ..... ??

therealswizzzさん(@therealswizzz)がシェアした投稿 -

Richard Pryor LIVE ON THE STRIP ? @thegcode

Nasir Jonesさん(@nas)がシェアした投稿 -

気合が入っているのはベテラン勢で、Swizz Beatsは映画『グーニーズ』のスロースに、Nasは伝説的なコメディアンのリチャード・プライヤーになりきっている。

related

Kendrick Lamarらによる新会社pgLangがCalvin Kleinとコラボしたショートフィルム8本を公開

昨年、Kendrick LamarやBaby Keem、ビデオディレクターのDave Freeらによって設立が報じられた新会社pgLang。そんな同社がCalvin Kleinとコラボして制作した8本のショートフィルムを先週公開した。

Cardi Bがコメディ映画『Assisted Living』の主演を務めることが明らかに

昨年もMegan Thee Stallionとの“WAP”が大ヒットするなど大活躍を見せたCardi B。そんな彼女が、映画界でも大スターになろうとしているようだ。

トランプ支持者が連邦議会議事堂に侵入したことについてCardi Bが「皮肉が効いてる」とリアクション

アメリカでは今日、バイデン次期大統領の当選を承認する手続きを行なっていた連邦議会議事堂に多くのトランプ支持者が乱入するという前代未聞の騒動が起こった。トランプ支持者たちは警備を破って建物内に侵入、議事堂内では一人が銃撃を受け死亡するという事態にも発展。現在は暴徒たちが排除され審議が再開されたと報じられているが、この一件について、以前よりドナルド・トランプを一貫して批判してきたCardi Bがリアクションしている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。