Netflixで配信中の青春ラブストーリー『浮き草たち』

2016年にトロント映画祭にてNetflixがワールドワイドで権利を獲得した、注目のアダム・レオン監督作『浮き草たち』が、今年から日本でも配信されている。

 

ポーランド移民の青年ダニーは、留置場に入れられた兄に強引に頼まれ、兄がやるはずだった怪しい仕事を代行することに。その内容は、ブリーフケースを乗せた車である駅へ行き、別のブリーフケースと交換するというもの。待ち合わせ場所に現われた運転手の少女エリーと指定の駅へ向かうダニーだったが、誤って別人のブリーフケースと交換してしまい......というのが本作のストーリー。

tramps

映像やストーリーだけでなく、音楽も印象的な今作は、選曲を脚本の制作段階から行い、登場人物達の心境やアクションとシンクロする作りになっている。

アダム・レオン監督は、長いリハーサル期間も設け、自由を与えることで俳優自身に自らが演じるキャラクターを見つけてもらうという演出方法を取っており、それによって生まれた俳優陣の伸び伸びとした演技にも注目が集まる。

tramps-grace-van-patten-callum-turner-image

主人公に、ポーランド移民をフィーチャーした経緯として、実はニューヨークにいるポーランド移民の人口はとても多いという事実に対し、映画では全くスポットライトを当てられていないという理由があるとアダム・レオン監督は語っている。

スクリーンショット 2017-10-11 1.20.55

ニューヨークでのロケでは、街に出てそのまま撮るというスタイル。駅や電車内での撮影は許可を得ていないことから、注意される前に素早く撮影したという。かなり遠目から撮る引きのショットでは、実際に街で本当に起きているような臨場感があり、この作品にしかない独特の雰囲気を作り上げている。

垢抜けない、どこか頼りない雰囲気のある主人公を演じるのは『グリーンルーム』で注目を浴び たカラム・ターナー。現在『ハリーポッター』のスピンオフ作品『ファンタスティック・ビースト』の続編に主人公の兄役として出演することが決まり、大躍進中である。

1callum

エッジの効いた独特な雰囲気のヒロインを演じたのはグレース・バン・パタン。今年の1月にVogueで特集を組まれ、2月にはAlexander Wangのショーに招待されるなど、ファッション界からも熱いラブコールを受けている若手女優だ。

grace-van-patten-4

若い才能が集結し、若手俳優陣の躍進に繋がった「浮き草たち」は、現在Netflixで配信中だ。

https://www.netflix.com/jp/title/80146759

related

【コラム】Netflixオリジナルドキュメンタリー『監視資本主義:デジタル社会がもたらす光と影』|SNSが基盤となってしまった時代の抱えるジレンマ

TwitterやInstagram、FacebookといったSNSがもたらす悪影響を、実際にそれらのサービスに従事していたエンジニアたちの告発を基に描いたNetflixオリジナルドキュメンタリー『監視資本主義: デジタル社会がもたらす光と影』がテック業界を中心に大きな話題を呼んでいる。

『mid90s ミッドナインティーズ』が国内でも大ヒットで公開劇場が拡大 | メイキング映像も解禁

ジョナ・ヒルの初監督作品『mid90s ミッドナインティーズ』が、メイン館である渋谷シネクイントや新宿ピカデリーではでは満席回が続出となり、大ヒットとなっている。興行収入は5,500万円となり9/25(金)から全国38館に拡大公開が決定した。

パリのセレクトショップCOLETTEの最後の日々を追ったドキュメンタリー映画が公開|Kanye WestやPharrell Williams、Futura 2000も出演

2017年12月に惜しまれつつ閉店を迎えたパリの伝説的なセレクトショップ『COLETTE(コレット)』の、閉店までの日々を追ったドキュメンタリー『COLETTE, MON AMOUR(コレット・モン・アムール)』の日本公開が9月26日(土)に決定した。

most popular

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。