Diploがラスベガスの銃乱射事件の被害者に10万ドルを寄付 | それがきっかけとなり他のDJ達も続々と名乗りをあげる

ラスベガスの音楽フェス会場で起きた痛ましい銃乱射事件を受けて、ラスベガスのクラブでレギュラーパーティーを持つDiploが、被害者や家族を救済するための基金に10万ドル(約1100万円)を寄付したと発表した。

Diploは「この恐ろしい悲劇の犠牲者とその家族に対しお悔やみ申し上げます。この出来事が銃規制の重要性についての長年待たれていた真摯な話し合いがスタートするきっかけとなるのが、僕の望みです」と声明を発表。

さらにDiploはTwitterで自分の寄付をきっかけにラスベガスでパーティーをしているDJや、ホテルのオーナーにチャレンジするとTwitterで発表し、行動を促した。

このツイートをきっかけにKaskadeやTiesto、Valentino Khan、Dillon FrancisといったトップDJたちが続々と寄付に名乗りをあげている。

現在gofundmeで展開されているこのキャンペーンは寄付金が1000万ドルを超えた。目標金額は1500万ドルとなっている。

 

related

Diploが「Twitterで言ったジョークのせいでDrakeに嫌われた」と明かす

先日はTyler, The Creator主催のフェス『Camp Flog Gnaw』にサプライズゲストとして出演したもののブーイングを浴びたことが話題となったDrake。トップアーティストとして多大な人気を誇る一方でビーフや人間関係上のトラブルを数多く抱えることでも知られる彼が、とある理由でDiploのことを嫌っていたようだ。

競馬場でのフェスに出演したDiploがパラグライダーで会場入り|そのまま歩いてDJブースに向かう

最近はLil Nas Xの“Old Town Road”のMVにカメオ出演し、また自身もカントリーに傾倒していることで知られるDiplo。そんな彼がボルチモアの競馬場で開催されたフェスInfieldDesにヘッドライナーとして出演した際、驚くべき方法で会場入りしたことが話題となっている。

Diploが「次のアルバムがMajor Lazerの最後の作品になる」と発言

言わずと知れたトップDJのDiplo率いるMajor Lazer。2008年から現在に至るまでダンスミュージックシーンのトップを走り続けてきたこのユニットが、次回作で活動を終了するという。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。