スケーターとZineをテーマにした展覧会『NO SHITTY ADS』が開催

80年代初頭、スケートボードのセカンドウェーブが終わりを迎え、スケートパークも次々に閉鎖され、豪華フルカラーのスケートボード雑誌も廃刊の憂き目にあっていた時代。安価な紙を用いた『Thrasher Skateboard Magazine』が創刊、Thrasher誌も読者に、自分たちでZineを作ることを奨励していった。

「ラディカルなアイデアを用いて新しいエネルギーに満ち溢れたスピリットを持って既存の壁を越え更に広げよ。ペンを手に持ってこの未開拓のエネルギーを駆使し、現場から直にアクションを記録するのだ」(Thrasher 1981 6月号より)

その後世界中で生まれていったスケーターの手によるZineなどを展示する展覧会『NO SHITTY ADS』が、10/7から東京・原宿の16で開催される。

この度開催される 『NO SHITTY ADS』展は、FACT.とベルリンのSkateboardmuseumがパートナーシップを組みキュレーション。

世界中からセレクトされたZineの原本、Zineのコンテンツを使ったコラージュ、当時のD.I.Y.アパレル、Zineの復刻版などが出展されると共に、新しい世代のZine作者でこの展示のホスト役を務めるアーティスト、Sergej Vutucによる大型コラージュも展示する。

それらのZineは地元のスケートボードシーンやスケーター、トリックの紹介、インタビュー記事の他、アートや音楽やカートゥーンなどにも注目しており、自分たちのアドバタイジングも自分たちで掲載していた。多くのZineは技術的に完成されていない写真と下手なスケッチを使った、パンクにインスパイアされた荒削りな表現であったが、広告主や親、そして権力から解放されてむき出しとなった想像力がとてもユニークなユースカルチャーを生んだ。

GSD (Gary Skate Davis)、Steve Caballero、Tod Swank、Claus Grabkeらが有名だが、その他にも多数のスケーターが自らZineを手掛け、パンクバンドでプレイし、D.I.Y.アパレルを創作した。

自由な想像力の元でスケーターたちが作っていた貴重なZineのアーカイブに込められた熱量は一見の価値があるだろう。

Info

FACT. Zine Show Flyer Blank WHT (Tokyo)_091617

FACT. Zine Show Flyer Blank WHT (Tokyo)_091617

『NO SHITTY ADS』

開催期間 : 10月7日(土) - 10月15日(日)12:00 - 20:00
オープニングレセプション: 10月6日(金)18:00 - 21:00
Saturday, 7 October - Sunday, 15 October, 2017 Opening Reception on Friday, 6 October

場所 : 16 / 東京都渋谷区神宮前6-19-15
6-19-15 Jingumae Shibuya-Ku Tokyo, Japan 03-6452-6033
info@factbrand.jp

related

柏木瑠河による個展『Hustle and Bustle』がLAID BUGで開催

6/10(金)から渋谷のギャラリーのLAID BUGで、柏木瑠河によるソロエキシビジョン『Hustle and Bustle』が開催される。

堀米雄斗のメタバース対応NFT「The Golden 22」がリリース

香港を拠点とするクリエイティブスタジオAllRightsReservedが、スケートボード金メダリストである堀米雄斗の、デジタルIPライセンス付きNFT 「The Golden 22」を、コレクタブルクリエイティブプラットフォーム・FWENCLUB上にて、1点限定でリリースする。 堀米雄斗 ...

BALENCIAGAやArca、KOHHとのコラボレーションでも知られる造形作家の池内啓人による過去最大規模の個展が開催

東京・原宿のギャラリーSAIで造形作家の池内啓人による過去最大規模の個展が1/8(土)から開催される。

most popular

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。