10月に開催される『カセットストアデイ』で、カセット専門レーベルMASTERED HISSNOISEがKEITA SANOやBim One Productionなどの7作品をリリース

世界的なアナログブームが続く中、音楽フォーマットとしてのカセットの有用性を呼びかけるため、2013年にイギリスでスタートした『カセットストアデイ』。

その後アメリカを始めドイツ、フランスなどでも開催され、日本でも2016年から開催されている『カセットストアデイ』が、今年も10/14に開催される。

今年の『カセットストアデイ』には以前FNMNLでも紹介した、国内では数少ないクラブ系カセットテープ専門レーベルMASTERED HISSNOISEも7作品を新たにリリースする。

MASTERED HISSNOISEがリリースするのは、ロンドンと東京を拠点にするRiddim Chango Recordsから、Bim One Productionなどの未発表音源が収録された作品や、日本のハウスシーンの注目株KEITA SANOが、主宰レーベルMad Love Recordsの第一弾としてリリースされた12インチに収録された楽曲を含む作品。

RiddimChangovol1_100_150
V.A. (Bim One Production, Asher Senator etc) - 『Riddim Chango Unreleased dubs Vol.1』
KeitaSano_100_150
KEITA SANO - 『MAD LOVE』

さらにはDachamboのCD HATAとInner Scienceによるスプリット作、Militant BのKC 、Ko Umeharaなどの作品がエントリー。

CD HATA
CD HATA / Inner Science - 『Metempsychosis』

今回リリースされる作品は『カセットストアデイ』にエントリーした公式ショップで購入可能。イベント終了後はレーベルの通販サイトでも取り扱う予定だ。

『カセットストアデイ』について詳しくはhttp://cassettestoreday.jp/から。

MASTERED HISSNOISE

WEB : http://www.msnoise.info/
WEB SHOP(BASE) : https://msnoise.thebase.in/

 

 

related

老人の独白をフィールドレコーディングで収集しカセットにアーカイブするOLD MAN ARCHIVESが新作をリリース

日常のふとした場面で遭遇する老人たちの生きた語りをフィールドレコーディングで採集し、カセットにアーカイブするプロジェクト『OLD MAN ARCHIVES』の最新作がリリースされた。

ビンテージカセットプレーヤーや貴重なカセット作品が展示されるPOP UP Shopがon Sundaysで開催中

国内でも再び注目を集めているカセットテープにまつわるポップアップストアが、3/15より東京・青山のワタリウム美術館内B1のon Sundaysで開催中だ。

『ストレンジャー・シングス』シーズン2のサウンドトラックがLPレコードとカセットテープでリリース決定

NETFLIXで配信されているアメリカの人気テレビドラマシリーズ『ストレンジャー・シングス 未知の世界』。10/27からシーズン2の配信が始まるのだが、サウンドトラックのレコード盤とカセットテープが発売されることが決定した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。