バトルラップをテーマにした映画『Bodied』のサウンドトラックをEminemとDr.Dreが制作中

EminemとDr.Dreが、バトルラップがテーマの映画『Bodied』のサウンドトラック用の楽曲を制作中であると報道された。

現在、秋にリリース予定のニューアルバムに取り組んでいるEminemだが、アルバム用の曲だけではなく、映画『Bodied』のサントラ用のオリジナル楽曲も制作中である。長年共に歩んだマネージャーPaul Rosenbergと制作しており、そして数曲Dr.Dreを起用した楽曲もあるとのこと。


『Bodied』はEminemがプロデュースする、カナダのトロントのバトルラップシーンがテーマの映画。先週トロント国際映画祭でプレミア公演され、好評だったようだ。

トロント国際映画祭でプレミア公演されたバージョンでは、オリジナルの楽曲はあまり使われていなかったのだが、正式に全米でリリースされる際に現在製作中の楽曲が追加されて公開される。

『Bodied』の監督を務めるのはEminemの”Without Me”のミュージックビデオや、テイラー・スウィフトのミュージックビデオの監督を務めたJoseph Kahn。Hollywood Reporterの記事でJoseph Kahnが今回の映画について語った。

「バトルラップでは人々は最も残酷で、最もイカれた、最も人種差別的な言葉を吐くのだが、その後はビールを一緒に飲んで友達になる。そこを映画の中で探究したかった」とJoseph Kahnは言及している。

映画内ではどのキャラクターもぼろくそに言われる対象で安全ではない。トロント国際映画祭でプレミア公演されたが、登場人物たちの酷い言葉遣いについては賛否両論だったことに対して、Joseph Kahnは「バトルラップの世界は『言論の自由』のアンダーグラウンドなメッセージだ。ただ『言論の自由に制限はあるのか?』という疑問も掲げているため、この映画は自動的に『言論の自由』の味方をするわけではない」と述べた。

related

EminemをフリースタイルなどでディスするムーブメントがTikTokで流行|Lil Nas Xが苦言を呈する

セレブたちの問題行動や問題発言を取り上げ、その人物をボイコットする「キャンセルカルチャー」は、力を持つセレブや企業に対する抑止力として働くと同時に、小さな事柄がその人物の進退にまで影響を与えること、そして本質的かつ効果的でない方向に過激化していることが問題視されている。今回、Eminemが若いネットユーザーからキャンセルの標的とされていることが大きな話題を呼んでいる。

Juicy JがInstagramのバトル番組『Verzuz』でDr. Dreと対戦したいことを明かす

これまでMannie Fresh対Scott Storch、Bounty Killer対Beenie Manなど数々の名勝負を生み出してきたバトルプロジェクト『Verzuz』。今回、Juicy Jが『Verzuz』への登場とまさかの相手との対戦を望んでいることが明らかになった。

Snoop DoggがKanye West、Dr. Dreとのレコーディングの模様を公開

先日はGAPとのコレボレーションを発表するなど、精力的な活動を再開しつつあるKanye West。そんな彼がDr. Dre、そしてSnoop Doggとのレコーディングを行っていたことが明らかになった。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。