グラフィティから影響を受けた書道家・万美の個展がZAKAI HEADQUARTERSで開催

グラフィティ・カルチャーから影響を受け、ライターとも交流を持つ書道家の万美による個展が東京・町田のZAKAI HEADQUARTERSで開催される。

グラフィティも書道も文字を使った表現という意味では共通する部分がある。9歳で書道を始めた万美は、グラフィティやサブカルチャーからも影響を受けた表現を追求している。

mami2017_004

mami2017_002

ヒップホップカルチャーをバックボーンにしたZAKAIでの展示では万美の書き下ろし作品が展示されるとともに、書道教室という場も設け、文字の魅力に多面的に触れられるものになっている。

mami2017_006

mami2017_005

 

Info

万美

万美 EXHIBITION IN ZAKAI

場所:ZAKAI HEADQUARTERS

開催期間:2017/09/02(sat) ~ 2017/09/10(sun)
営業時間:(月~金) 14:00~20:00 (土~日) 13:00~20:00
※
定休日:(木曜or水曜)WEBSITE営業カレンダーをご確認ください。
住所:東京都町田市森野1-35-4 TMビル5 2F

電話:042-860-6294
※入場無料
展示を記念してZAKAIとのコラボ商品の販売も予定しています。

詳細内容は決まり次第 Web Storeにて発表いたします。===================

万美 書道教室
場所:ZAKAI HEADQUARTERS

日程:2017/09/10(sun)
時間:14:00 ~ 18:00
ご来場頂いた方から随時ご案内いたします。
* 料金 : 1500円(半紙10枚) お一人様 半紙10枚が終了次第終了となります。

* 硯、墨、筆の無料貸し出し有り。

【予約方法】

電話でのご予約 : 042-860-6294

メールからのご予約 : order_info@zakai.jp

(当日のご参加も可能ですが予約でいっぱいの場合はご参加できません。)

申し込み時お名前、お電話番号、ご希望の時間帯をお伝えください。

*ご予約後のキャンセルはご遠慮ください。

RELATED

【特集】渡辺志保のトロント訪問記 Vol.2 | 独自の文化が根付くパブリックアート、多様性を打ち出す先進的な都市

Vol.1はこちらから。 今回、一週間足らずの滞在ではありましたが、トロントはとてもインプレッシヴな街でした。個人的には、人生において二度目のトロント訪問。とは言っても、前回訪れたのは私が11歳頃の時。詳しい記憶はすでに霧の中…という感じですが、それでも、当時トロントで観覧したブロードウェイ・...

Martha Cooperがグラフィティークルー1UPと過ごした1週間の記録を記念した展示が開催

70年代からアメリカのグラフィティー・シーンを写真に収めて来たMartha Cooperが、ベルリンを中心にヨーロッパや世界各地で活動してきたグラフィティークルー1UPと共に1週間を過ごした記録を収めた写真集『ONE WEEK WITH 1up』を刊行する。

ストリートアートをテーマにした特集上映でBANKSYの初監督作や『ワイルド・スタイル』などを上映

渋谷から様々なカルチャーを発信してきたPARCOが、渋谷の劇場4館でストリートアートをテーマにした映画を上映する企画『SHIBUYA CINEMATIC GRAFFITI vol.1』を開催する。

MOST POPULAR

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。