世界中のガツンとくる映画を集めた『ワールド・エクストリーム・シネマ 2017』開催決定

『ゴッド・セイブ・アス マドリード連続老女強姦殺人事件』より©2015 TORNASOL FILMS, S.A. – ATRESMEDIA CINE, S.L. – HERNANDEZ & FERNANDEZ PC, S.L. – MISTERY PRODUCCIONES A.I.E

東京・渋谷のヒューマントラストシネマ渋谷で2014~2016年にかけて3年連続で実施され、 好評を博した特集上映『ワールド・エクストリーム・シネマ』が、今年も10/14より開催される。

『ワールド・エクストリーム・シネマ』は「世界中のガツン!とくる映画集めました。」がコンセプト。4回目を迎える今年も世界各国から集められた一癖も二癖もある個性豊かな4作品を上映する。

今年の上映作品は、イタリア・アカデミー賞5部門ノミネートの大作ノワール・アクション『暗黒街』、アイスランド出身のバルタザール・コルマウクルが手がけたサスペンス・スリラー『殺意の誓約』など。

暗黒街
『暗黒街』より ©LA CHAUVE SOURIS/©INDIE SALES

昨年に引き続き、シネ・リーブル梅田(大阪)での開催も決定、期間中の各作品の上映スケジュール(公開日)は今後発表される予定だ。

Info

wec_チラシ表

wec_チラシ裏

『ワールド・エクストリーム・シネマ2017』

上映作品
『暗黒街』
『殺意の誓約』
『キラー・セッション』
『ゴッド・セイブ・アス マドリード連続老女強姦殺人事件』
配給:クロックワークス
公式サイト: http://world-extreme-cinema.com/

10月14日(土)~11月3日(金)ヒューマントラストシネマ渋谷、 11月4日(土)~11月17日(金)シネ・リーブル梅田にて開催決定!

related

ジャン=リュック・ゴダール監督の追悼上映がBunkamuraル・シネマで開催 | 『勝手にしやがれ』と『気狂いピエロ』を上映

ヌーヴェル・ヴァーグを代表する映画監督で今月91歳で亡くなったジャン=リュック・ゴダールの追悼上映がBunkamuraル・シネマで開催される。

『国道20号線 デジタルリマスター版』や空族が影響を受けたロードサイド映画3作も特別上映する『ロードサイド・フィルム・フィスティバル』が開催

空族の富田克也監督による映画『国道20号線 デジタルリマスター版』や、空族が影響を受けたロードサイド映画3作品を特別上映する『ロードサイド・フィルム・フィスティバル<選べ、失え、行け!2022>』が10/15(土)から新宿K’s cinemaで開催される。

NYのストリートカルチャーの誕生を追ったドキュメンタリー映画『All the Streets Are Silent:ニューヨーク(1987-1997)ヒップホップとスケートボードの融合』が公開

90年代のNYのストリートカルチャーの誕生を追ったドキュメンタリー映画『All the Streets Are Silent:ニューヨーク(1987-1997)ヒップホップとスケートボードの融合』が、10/21(金)にヒューマントラストシネマ渋谷などで公開される。

most popular

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。