ベストサマーチューン 2017 Selected by 行松陽介

FNMNLの夏企画『ベストサマーチューン』。アーティストやDJ、アパレル関係者、はたまたブロガーやライターなどの方々が、思い思いの2017年夏の1曲をピックアップ。

DJでZone Unknownを主催する行松陽介の今夏の1曲は?

MØNIC - "Deep Summer - Burial Remix"

コメント

ただでさえ郷愁を誘うBurial印のチリチリノイズ。大抵はこの上に陰鬱なトラックが乗る。でも今回はこの上にさらにメロウなスティールパンのメロディーが乗ってBPMも106と緩やか、激しさ皆無、トントントントンとひたすら控え目にリズムを刻むキックの上で展開する抑制されたメロウネスが、遥か彼方まで染み込むように拡がり、どこまでもエモーショナル。10分超えの大曲の途中でブレーク、いつかの夏の想い出のようにcome with usと呼びかけられてテンポチェンジ、 BPMが118に上がっても、スティールパンに代わってクリーントーンギターが哀愁メロディーを奏で、Free beyond everythingと女性は囁く。鳥は囀る。俺は泣く。

告知

9月1日 in Paris TBA
9月17日KYOTO-SOTO1周年
9月22日レコード屋酒場 at SOCORE FACTORY
10月7日Theo Parrish京都公演 at METRO

行松陽介

image_uploaded_from_ios_720

DJ。Zone Unknown主催。

 

 

related

BUSHBASHが¥ØU$UK€ ¥UK1MAT$UによるDJセットをライブ配信

東京・小岩で個性を放つラインナップで存在感を示しているライブハウスBUSHBASHが、YouTubeチャンネルで¥ØU$UK€ ¥UK1MAT$UによるDjセットを5/4(月・祝)に放送する。 これは新型コロナウイルスの感染拡大により混沌とした状況になっていた3月半ばに、自分たちのやれる事、求...

京都のライヴハウス『外』の配信企画第3弾に行松陽介が3時間のDJセットで登場

京都のライヴハウス『外』は、多くのライブハウス同様、新型コロナウイルス感染拡大によりイベント開催が難しくなっている状況を踏まえ、4月以降通常営業を一時休止している。

2度目の開催となる『FFKT』の1stラインナップが発表 | Caribou、Theo Parrish、Andy Stott、青葉市子、Mars89などが出演

2006年より13年にわたって開催されてきた『TAICOCLUB』の創設メンバーが主催するフェス『FFKT』が、今年の1stラインナップを発表した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。