ベストサマーチューン 2017 Selected by 荒井優作

FNMNLの夏企画『ベストサマーチューン』。アーティストやDJ、アパレル関係者、はたまたブロガーやライターなどの方々が、思い思いの2017年夏の1曲をピックアップ。

GOODMOODGOKUとの共作EPをリリースしたプロデューサーで、私的な知覚体験の痕跡を音響作品として発表している荒井優作によるこの夏の1曲は?

Lee Bannon - "Artificial Stasis"

コメント
今年の4月にApple Musicを使い始めてから、Lee GambleとLee Bannonばかり聴いています。Lee BannonはJoey Bada$$なんかにトラック提供しながらも、アンビエントやジャングルを作っているアメリカの人で、今はDedekind cutという名義に変えたみたいです。

この曲はノンビートだけど、そのミキシングや構成からもクラブミュージックを経由している事が伝わってきて、個人的にとても共鳴しています。
夏に聴くアンビエントは実用性が高いと思うし、家の中よりも外出時に適している気がする。熱中症対策に是非。

告知

GOODMOODGOKUとの共作EPをリリースしました。敏腕A&R二宮の親身なサポートもあり、最高のモノにすることができました。図らずも夏にピッタリな音像になったと思います。
social --------- (laicos)
配信の他、フィジカルが8月中にリリースされます。CDと、リミックスや画像などが詰め込まれたデータCDの二枚組となっているので、是非お買い求めください。

マジで金が無い!!!!!!!!!!!!!!!!!のでお仕事のオファーもお待ちしております!

荒井優作

荒井優作

1995年生まれ。神奈川県平塚市在住。私的な知覚体験の痕跡を音響作品として発表する傍ら、ラッパーへのトラック提供や、インスタレーションやファッションショーへの楽曲提供なども行っている。

https://soundcloud.com/yusakuarai

related

BEST BUY 2020 Selected by 荒井優作

今回は2015年頃に制作された音源をまとめたアルバム『近く』のリリースも話題を呼んだ荒井優作が登場。彼が選曲したプレイリスト「カオスと交わる日本語ラップ」もチェックしてみて欲しい。

【特集】荒井優作が選ぶ「カオスと交わる日本語ラップ」

先日Bandcampにて2015年頃に制作した音源をまとめたアルバム『近く』をリリースしたビートメイカー・プロデューサー荒井優作。独特の浮遊感と緊張感を持ち合わせたトラックで知られる彼は、同時にハードコアなヒップホップヘッズでもある。

荒井優作が2015年頃に制作した音源をまとめたアルバム『近く』をリリース

ビートメイカー・プロデューサーとしてGOODMOODGOKUとの共作『色』などで知られている荒井優作が、本日7/1(水)にアルバム『近く』をリリースした。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。