WeTransferが解雇されたSoundCloudの従業員に1万ドルをプレゼント。その条件は?

経営危機が囁かれ、約半数の従業員を解雇することになったSoundCloud。解雇された従業員たちは、現在新しい職を探している真っ最中だろうが、思わぬところから鶴の一声がかかった。

オランダのスタートアップで、ファイル転送サービス事業で知られているWeTransferが、SoundCloudの解雇された従業員に1万ドル(約110万円)をプレゼントするとオファーしたのだ。しかもこれはローンなどではなく、返す必要もない。

ただし、新しい仕事をゲットしないことが1万ドルを貰うための条件となる。WeTransferの社長Damian BradfieldはSoundCloudの元従業員たちに送ったメールでこう記している

「私たちはあなたが、単に新しい仕事を得るのを防ぎたいと思う」と書き出したBradfieldは、こう続ける。「新しい仕事を単に得るだけだと、あなたの元々のSoundCloudで探求していた使命である、音楽の消費や制作の方法を変えるというものがブレるかもしれない」と若干おせっかいにBradfieldは書いている。

そこからブレないためにも「1万ドルで何かを始めないか」ということで、「私たちはあなたが新しいなにかを作り上げ、運用するのを提案してくれるのを見たい」と解雇された従業員に対しチャレンジしてほしいという思いから、今回のアイディアに至ったと説明している。

このオファーに対し、新たなチャレンジを始める者は出てくるのだろうか。Bradfieldの提案の全文はこちらで読むことができる。

related

グローバルな音楽ディストリビューター『SPACE SHOWER FUGA』が誕生

昨日9/1にオランダ/アムステルダムを拠点に業界最先端のディストリビューションシステム、アナリティクスシステム、 印税計算システムなどを提供しているFUGA社とスペー スシャワーネットワークのジョイントベンチャーにより、SPACE SHOWER FUGAが誕生した。

SoundCloudがファンのサポートが直接アーティストの収益に反映される「Fan-Powered Royalties」システムを導入

インデペンデントなアーティストにとっての大きな課題は、自身の音源からいかにして収益を得るかという点だろう。もちろん現在は様々なサービスにより以前と比べ音源の収益化は容易となっているが、依然としてアーティストに還元される金額の割合が少ないのもまた事実。そんな中、SoundCloudが新たな収益モデル...

音楽ストリーミングサービスでは上位1%のアーティストの楽曲の再生数が全体の90%を占めているという統計が発表

しばしば音楽ストリーミングサイトは、人気アーティストにとっては大きなメリットがあるが、それ以外のアーティストにとってはビジネス的な利点がないことが指摘されてきたが、それを証明するような新たな統計が発表された。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。