『AKIRA』のサウンドトラックがついにレコードで再発

昨年、大友克洋によるアニメ映画『AKIRA』のサウンドトラックが、アナログレコードで再発される予定というニュースがあったが、それから約1年ついにサウンドトラックが2LPでリリースされた。

今回再発リリースされたレコードには名作と名高い芸能山城組の『Symphonic Suite AKIRA』のアルバムから選ばれた曲が収録。またダウンロードコードと、芸能山城組の山城祥二によるコメンタリーが特典として付属するという。

AKIRA

オリジナル版は高騰していた、このサウンドトラックだけに嬉しい再発リリースとなるだろう。

トラックリストは以下

Tracklist:

Side A:

A1. Kaneda

A2. Battle Against Clown

A3. Tetsuo

 

Side B:

B1. Shohmyoh

B2. Dolls' Polyphony

B3. Exodus From the Underground Fortress

 

Side C:

C1. Winds Over Neo-Tokyo

C2. Illusion

 

Side D:

D1. Mutation

D2. Requiem

購入はこちらから。

related

『サウダーヂ』の公開10周年を記念して空族の特集上映が東京と大阪で開催

田我流も出演している映画『サウダーヂ』が公開10周年を記念して、新たにデジタルリマスター版としてロードショーされている。『サウダーヂ』を制作した富田克也、相澤虎之助を中心に結成された映像制作集団「空族」の特集上映が東京と大阪で開催されることになった。

【対談】横尾秀俊 (Manhattan Records)× 大原一太郎 (Wolfpack Japan) | アナログレコードはどうなっていくのか

2010年代ストリーミングサービスの隆盛と共に再び注目を集めているのがアナログレコードだ。欧米ではアナログとは反対に売り上げが落ち続けているCDの売り上げを抜いたというニュースも出ているように、この盛り上がりは一過性のものではなく定着したと考えても良さそうだ。日本でもアメリカやイギリスほどではない...

21 Savageがサントラのプロデュースを手がけた『スパイラル:ソウ オールリセット』| 「子供の頃から『ソウ』シリーズを見て育ってきた」と明かす

スリラー映画『ソウ』シリーズの最新作『スパイラル:ソウ オールリセット』が、9/10(金)に全国公開される。今作は過去8作をアップデート&リセットした作品となっていて、「ソウフリーク」として知られるクリス・ロック、さらにはサミュエル・L・ジャクソンも出演している。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。