Chance The Rapperの『Tiny Desk Concert』がフル公開 | スティービー・ワンダーのカバーも披露

アメリカの公共ラジオ『NPR』が主催している『Tiny Desk Concert』という番組シリーズ。NPRの小さなオフィスでライブ演奏をおこなうこの企画に、今回Chance The Rapperが出演し、その様子の動画が配信された。

『Tiny Desk Concert』とはアメリカの公共ラジオ『NPR』の番組。Youtubeチャンネルにはすでに400本以上のライブ映像が配信されている。実際のオフィスでデスクに囲まれた空間がステージとなり、窮屈だがアットホームで臨場感溢れるこのライブ演奏番組だ。インディーズから大御所まで、バンドもヒップホップアーティストも幅広く出演している。これまでRun the Jewels、Gucci Mane、Nonameなども登場。Adele、Phoenix、T-painなどの様々な大物もこのオフィスで演奏した。

今回公開された最新話はChance The Rapperがサプライズ出演。友人である生演奏の楽器隊とコーラス隊を引き連れて演奏した。自身の楽曲『Juke Jam』、オフィスに来るまでの道中に考えたという新しいポエム、そして最後にスティービー・ワンダーの『They Won’t Go When I Go』のカバーを披露。

Chanceは自身がこの番組の大ファンであるとも発言し、「すばらしいアーティスト達がこの番組で演奏したのを見てきた。ここにいることが光栄」と語った。

当日の収録はサプライズでおこなわれたようで、Chanceが今からオフィスで収録をおこなうと館内でアナウンスされた時、NPRで働くスタッフたちが興奮してビル内が軽いパニックになったとのこと。

こちらがそのライブのフル動画

そしてこちらは当日サプライズで Chanceの収録が館内アナウンスで発表された際に、職員たちが走ってオフィスへ向かう様子が撮影された動画だ。

related

Chance The Rapperが『ホームアローン』のリブートバージョンを企画中と明かす

Chance The Rapperが先日人気TV番組『The Tonight Show』にリモート出演し、そこで現在計画中のある企画について明かした。

Chance The Rapperと裁判中の元マネージャーが『The Big Day』を「質の低いフリースタイルアルバム」と酷評

昨年リリースのアルバム『The Big Day』以来まとまった作品をリリースしていないChance The Rapper。彼の人気を不動のものとした2016年のミックステープ『Coloring Book』と比べやや賛否両論の評価を受けた同作だが、現在彼と裁判中である元マネージャーが『The Big Day』を酷評し話題を呼んでいる。

バイデン候補の次期大統領当確の報道にアーティストたちの様々なリアクション

トランプ大統領のクレームなどにより、バイデン候補の有利で進んでいたにも関わらず、中々当選確実の一報が出なかったアメリカ大統領選挙。本日未明にアメリカの報道各社が一斉にバイデン候補の当確のニュースを出した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。