閉店してしまうNYの老舗レコードショップ『Other Music』を追ったドキュメンタリーのためのクラウドファンディング開始

ニューヨーク市でレコードショップの象徴となり、愛され続けいた老舗レコードショップ『Other Music』が20年の歴史に幕を閉じ、2016年に閉店した。クラウドファンディングサイト『Kick Starter』を通して、現在撮影中のドキュメンタリー映像のための出資を募集している。

レコード屋として、そして様々なアーティストの育て親となりニューヨークの音楽シーンを20年間支えてきた『Other Music』。その20年間の歴史を追うドキュメンタリー映像になるとのこと。

ニューヨークを代表するバンドとなったAnimal Collective、the Yeah Yeah Yeahs、Vampire Weekend、the Strokes、Interpolや、TV On The Radio。そしてAnohniやWilliam Basinkiのようなソロアーティストまで数え切れないほどの様々なアーティストを育てて見守ってきたこのレコードショップ。上記のようなアーティスト達が語るインタビューから、レコードショップの店内で行われたインストアライブの映像どを含め、この唯一無二な音楽コミュニティの当時の様子を伝える映像となるようである。

クラウドファンディングは$70,000を目標に開始。現在$17,000ほど集まっている。撮影スタッフをもっと雇うために出資が必要とのこと。2019年までに完成させて様々な映画祭に参加する予定と明記している。

出資した額に応じて、ポストカード、トートバッグや、レコード、店内に飾ってあったポスター、当時撮影された写真などレコード屋ならではの特典がつく。

クラウドファンディングのページはこちら

プロモムービーがこちら

related

ウルフパックジャパンがレコードプレスをより身近にする新プランをスタート

メジャーレーベルのプレスも引き受ける欧州最大のレコード工場GZ Mediaの正規代理店であるウルフパックジャパンが、お得な新プランを先週からスタートさせた。

笹塚ボウルで全国各地のレコードショップなどが集まったフリーマーケットを開催

4/21(日)に東京・笹塚のボーリング場・笹塚ボウルで新興のヒップホップアパレルRap Attackが主催するフリーマーケットが開催される。

アメリカでレコードの売上がフィジカル音源売上の3分の1を占める

近年のレコードブームの再来により、2017年にはアメリカでのレコードの総売上枚数が1991年以来最高を記録した。そして、昨年もその勢いは続いているようだ。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。