コカインと偽ってパンケーキ用の粉を1kgを売りつけたイリノイ州の男性二人逮捕

おとり捜査官がコカインの売人と取引をおこなったところ、コカイン1kgと偽りパンケーキミックスの粉を1kg分を$27,000で売り渡そうとした、男性二人を逮捕した。

逮捕されたのはRafael Osorio Jr(18)とJaime A. Anselmo(19)。薬物犯罪の罪でOsorioは$200,000の保釈金、Anselmoは$20,000の保釈金を決定した。

ct-ecn-elgin-drug-charges-st-0623-20170622-001イリノイ州エルジン市の警察の捜査報告によると、おとり捜査官がOsorioに1kg分のコカインの取引を依頼すると、翌日Osorioがイリノイ州のElgin公園を取引場所に指定。当日現地でOsorioとAnselmoの二人がおとり捜査官の取引のために車に乗り込み、テープで密閉された四角いパッケージを見せたところで逮捕。精査したところ、その粉はコカインではなくパンケーキの粉だったとのことである。

Osorioは以前にも薬物犯罪で告訴されている。

$27,000でパンケーキ用の粉を売るのはだいぶ強気な値段設定である。ちなみに$27,000あれば約$2のパンケーキミックスが13,500箱購入可能であり、それだけの量があれば324,000枚のパンケーキを焼くことができる。コカイン1kgとパンケーキ324,000枚どちらのほうがいいか

related

イギリスにおける音楽フェスの参加者のうち50%以上が何らかの薬物を服用していることが明らかに

先日のJuice WRLDの死によって、再び浮き彫りとなった音楽シーンにおける薬物の問題。もはや、アーティスト側のみならずリスナー側にとっても他人事ではなくなってきているが、今回衝撃の調査結果が発表された。なんとイギリスにて開催された音楽フェスの参加者のうち50%以上の人々が何らかの薬物を摂取しており、さらにその半数以上が通常よりも多くの量と種類を服用しているというのだ。

Lupe Fiascoが「コカインの使用には健康上のメリットがある」と発言

先週、メキシコでコカインの娯楽使用を許可するよう裁判を起こしていた男性二人に対し「コカインの所持、持ち運び、使用」を認める判決が下され世界的なニュースとなった。上級裁判所を通過していないものの異例の事態となったこの判決は物議を醸しているが、それを受けてLupe Fiascoがコカインを使用することに健康上のメリットがあると発言し話題を呼んでいる。

【コラム】なぜ日本では「容疑者」の作品は自主回収されてしまうのか

ことヒップホップやクラブミュージックはドラッグの描写と切っても切り離せないカルチャーであり、薬物の所持、使用で逮捕されるアーティストは数え切れないほど存在する。

most popular

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。