悪名高き『ディスコが死んだ夜』をテーマにした展覧会が開催

1979年にシカゴの球場で開催されたディスコを破壊するためのイベント『Disco Demolition』をテーマにした展覧会が、シカゴのエルムハースト歴史博物館で開催されている。

1979年ディスコ全盛期の時代に、「ディスコのせいでロックがやばい」その状況を苦々しく思っていたラジオDJのSteve Dahlはイベントを計画。当初はシカゴ・ホワイトソックスの試合のプロモーションイベントのはずが、球団オーナーの息子のBill Veeckと協力し、ロックファンたち、主に白人の音楽ファンたちと一緒に、ディスコのレコードを爆破するプロモーションイベントになってしまった。

「DISCO SUCKS (ディスコなんかくたばっちまえ)」という横断幕が掲げられる中で、グラウンド中央にディスコレコードが集められ、爆破。その瞬間ヴォルテージの上がった観客はグラウンドに流れ込み、グラウンドはカオス状態に。このイベントの後に予定されていた第2試合は没収試合となり、シカゴホワイトソックスの負けとなってしまった。

このイベントはテレビ放映されており、アメリカ中に反同性愛、反アフリカン・アメリカンの思想を広める悪名高いイベントとして記憶されている。

Lance Tawzerがキュレーションした展覧会には、その日ホワイトソックスの選手が着ていたユニフォームや、Dahlが持っていた「DISCO SUCKS」ベルトや、第二試合が中止になってしまったため、球団職員がファンに謝罪する手紙などが展示されている。

昨年Red Bullがこの日についてのドキュメンタリーを公開している。Disco Demolition Red Bull TV

 

related

LAの80年代のディスコシーンにフォーカスしたBianca ChandonとUnionのカプセルコレクション

Alex OlsonによるブランドBianca ChandonがLAの人気セレクトショップUnionとLAの80年代ディスコシーンにフォーカスしたカプセルコレクションをリリースした。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。